2018年09月29日

たっぷりお金をかけなければ、自然災害には勝てませんよhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00050000-yom-pol

yahoo:「重要インフラ、3年で強化…118項目緊急点検

政府は年末をめどに、長期的なインフラ(社会基盤)整備の指針を定めた「国土強靱(きょうじん)化基本計画」を抜本的に見直す。今後3年で自然災害による大規模停電対策などを集中的に講じる考えを打ち出す見通しだ。これに先立ち、電力や空港などの重要インフラを対象に、計118項目の緊急点検を行う。

 政府が2014年にまとめた基本計画を改定するのは初めて。

 重要インフラの緊急点検は、安倍首相が21日、関係省庁に指示した。小此木国土強靱化相は28日の記者会見で、経済産業省や国土交通省を含む11府省庁が電力や空港、通信、河川などに関係する計118項目で行うと発表した。

 点検では、北海道地震で道内のほぼ全域が停電する「ブラックアウト」が発生したことを踏まえ、全国の発電設備などが災害時に大規模停電を起こすリスクがないかをチェックする。


自然に打ち勝つには、旧民主党が無駄といったことをすべてやらなければ勝てないでしょうね
それに乗せられた国民が無駄を省けとか言っていたけど、結局しなくなったこと(災害が極端化した気もするけど)で被害が多くなる傾向になってきてるんじゃ無いでしょうか?

どれほど手を尽くしても、災害が手を変え品を変えて災害を引き起こしてくるのですから、毎年毎年災害対策を続けるしか無いんですが、それを土建屋の利権と称して潰してきた結果、これでしょ?どうしようもないよね

土建業が金にならなければ従事する人がいなくなり結果として、災害対策をしたくても作業者が足りなくて間に合わないって事にもなるわけで、どう見ても自業自得の事態

どんなことも経験を積み重ねて、次へ備えることが出来るようになるわけですが、作業者がいなくなればそういう技術の継承も出来なくなり、結果として強靱化とは反対の方向へ向かってるので、そろそろ反転攻勢に出て欲しいので、この緊急点検で土建業に毎年発注することの意義を見直してほしいものですね

コンクリートじゃ無ければすくえないものもあるんですよ
高度成長期につくったものが老朽化してきて、いろいろリプレース、差し替えを行わなければならないものがたくさんあるわけです
本来なら東京五輪に合わせて、そういう工事も出来れば良かったんですけど、無駄ダムだだの大合唱で老朽化したものを放置しているわけです
東京で大災害が起きたとき、どういうことになりますかねー
全国各地も同様ですけどね

今まで災害が起きても、すぐ復旧出来たのは、技術を持った人がそれなりの数いたからです
これから人が少ない地域から、復旧をおざなりにしなければならなくなっていくんじゃないかな?

このままなら、少子化とも相まって、災害に弱い国に落ちぶれていくことでしょう
国民の選んだ道といえば、そうなんですけど巻き込まれたくないなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00050000-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。