2018年09月28日

そんな大噴火が起きるなら九州全土から逃げ出す算段をする方が先だよね?>伊方原発訴訟https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000057-asahi-soci

yahoo:「伊方原発の運転差し止め認めず 大分地裁、申し立て却下

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)をめぐり、大分地裁(佐藤重憲裁判長)は28日、対岸の大分県の住民4人が運転差し止めを求めた仮処分の申し立てを却下した。住民側は、福岡高裁に即時抗告する。

 3号機については広島高裁が25日、今月末まで運転を禁じた昨年12月の同高裁の仮処分決定を取り消した。これを受けて、四電は10月27日に運転を再開すると発表している。

 大分地裁では、広島高裁が運転を差し止める理由とした阿蘇山(熊本県)の破局的噴火が伊方原発に及ぼす影響のほか、原子力規制委員会の「新規制基準」の合理性、原発周辺で起こりうる最大規模の揺れを想定した「基準地震動」の妥当性などが争点となった。

 伊方原発から約130キロ離れた阿蘇山の噴火リスクについて住民側は「現在の火山学では噴火の時期や規模を適格に予測することは困難」とし、約9万年前と同様の巨大噴火が起きれば重大事故になると主張。四電側は「原発の運転期間中に巨大噴火が起きる可能性は小さい」と訴えた。

 基準地震動について住民側は、原発近くで起こる地震の規模を四電が過小評価していると指摘。四電は「詳細な地質調査を行い、地域特性も適切に反映している。十分に余裕を持った耐震設計をしている」などと反論していた。

 審理は昨年12月に終わる予定だったが、伊方原発の運転を禁じる広島高裁の仮処分決定を受けて2回の審尋が追加され、今年5月までに計12回開かれた。(小林圭)



記事中の噴火については、下記コピペの通りになるわけですから
富士山のフルパワー(過去の最大規模噴火)を1とした場合の、各火山のフルパワー比較
 
富士山                  1 西暦864年
桜島               2 西暦1914年
北海道駒ヶ岳            3 西暦1640年
有珠山             3 西暦1663年
浅間山                  4 2万年前
九重山                  5 8万年前
燧ヶ岳                  7 35万年前
ピナツボ                11 西暦1991年
箱根山                 14 5万2000年前 ※横浜まで火砕流に飲み込まれた
大雪山                 20 3万年前
御嶽山                 29 9万年前  ※土石流が愛知にまで到達。東京に30cmの軽石層 
摩周湖                 36 7000年前
十和田湖               56 1万3000年前 ※青森県の大半を火砕流が焼き尽くす
霧島山(加久藤カルデラ)  100 30万年前
サントリーニ            100 紀元前1628年
屈斜路湖              150 12万年前
クレーターレイク        150 7600年前
有珠山(洞爺湖:有珠山の本体)170 10万年前
クリル湖               180 8400年前
白頭山                200 西暦936〜947年頃 ※朝鮮半島から日本海を超えて青森に降灰5cm
タンボラ                210 西暦1815年 ※有史以来最大の噴火でヨーロッパに夏の無い年
薩摩硫黄島(鬼界カルデラ) 220 7300年前 ※海底噴火にも関わらず九州の縄文文化が滅亡
樽前山(支笏湖:樽前山の本体) 225 4万年前 ※火砕流が札幌を飲み込んで日本海に到達
阿多              320 10万年前
桜島(姶良カルデラ:桜島の本体) 450 2万2000年前
阿蘇山                600 8万7000年前 ※火砕流が九州の4分の3と山口県を焼き尽くす 
タウポ湖              2300 2万4500年前
ラガリータカルデラ      2400 3000万年前
イエローストーン       2500 64万年前
イエローストーン     180000 1700万年前
トバ              2800 7万3000年前 ※当時の人類が1万人程度まで減少(トバ・カタストロフ理論)
スーパープルーム(シベリアトラップ)1000000以上 2億5000万年前 ※地球史上最大といわれる噴火 当時の生物の約95%が絶滅


そんなことが実際に起きてしまうなら、さっさと九州から逃げ出す計画を立てないといけませんよね?
何で大分に住んでいられるのか不思議でなりません

故に原発嫌いをこじらせた言いがかりにしか見えないんですよね
こういうくだらない訴訟リスクを減らすためにも、停止させられた場合の損害賠償を原告に求めるように電力会社はするべきなのです
もちろん基準は厳格に守り、安全に運転させるのは当然のこととしてですが

そして、きちんと利益を出し、従業員を過労死させないように労務管理して貰って、当然給料もたっぷり支払った上で(原発が止められている間は収益が下がってボーナスも出てなかったと聞きますので)
新規の安全で大量になるべく低価格でできる発電方法を研究開発して欲しいですよね

同じ労働者として考えれば、ごくわずかのクレーマーのために会社の収益が下がってろくに給料がもらえないなんて悲惨すぎて嫌ですよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000057-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。