2018年09月12日

悪辣すぎ>性犯罪の厳罰化を改めて願うhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00010001-sp_ctv-soci

yahoo:「「デートレイプドラッグ」 女性を狙う身近な敵

女性を狙った卑劣な犯行が後を絶ちません。みなさんは、「デートレイプドラッグ」という言葉をご存知でしょうか。睡眠薬などの薬を知らぬ間に飲まされてしまう危険。実は、身近なところに危険は潜んでいました。
 
「被害の8割強が顔見知り。全く知らない人っていうのは実は1割ちょっと」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 内閣府が行った調査で、性的暴行の被害にあった女性と加害者との関係性は、「まったく知らない人」は1割。それに対し、元交際相手などの、「顔見知り」からの犯行は“8割以上”にものぼるといいます。
「デートレイプドラッグ」 女性を狙う身近な敵

デートレイプドラッグ

 中でも、増加傾向だというのが。

「SNSや出会い系での出会い、これはかなり多いです」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 インターネットを利用しての犯行。特に、最近では若い世代の利用も増えている“婚活サイト”が悪用されるケースも。そして、そこで出会った女性に“ある薬”を飲ませる犯行手口が増えているというのです。それが“デートレイプドラッグ”。

「デートレイプドラッグというのがすごく多くて、一緒に飲みに行って、アルコールに薬を混ぜられる」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

  “デートレイプドラッグ”とは、睡眠薬を飲み物に混ぜるなど、相手の意識や抵抗力を奪うために使われるもの。

 東海地方では今年4月、婚活サイトで出会った女性に睡眠導入剤を飲ませ、性的暴行を加えたとして、名古屋市中区の28歳の男が逮捕・起訴されました。

 男は「二日酔いに効く薬」と、睡眠薬にすり替えた錠剤を女性に渡し、自宅マンションに連れて帰り、犯行に至ったといいます。

 こうした経験は街の人の中にも。

「居酒屋で隣のテーブルで座っていた人が、途中で入ってきて、薬入れられたことはありますね。手前で大丈夫でした。勉強にはなりましたけどね」(被害にあった女性)

飲み物に溶けてしまうため、入れられたことに気づかないという卑劣な手口。専門家は、

「初めから結局、相手を襲うというか、そういう目的を持っている方も、なかにはいますので、そういうことがあるときちんと理解しなければいけない」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 デートレイプドラッグの手口は、食事の時に、トイレにたった合間などほとんどが気づかないうちに飲み物に睡眠薬などを入れられること。

 専門家によると、対策としては、「席を離れるときはできる限り、飲み物を飲みほす」、「飲みかけの飲み物を置いていかない」、「薬によっては色が変わるものもあるため、色が変わっていないかをチェックすること」が重要だと話していました。


知ってる相手となると疑ってかかるのは至難の業
酒が入れば判断力も落ちるだろうし
酒を飲む場へ同行しないっていう判断以外、対策方法はないかもしれません

少しでも被害に遭わないようにするためにはネットで知り合った相手とか避けるに越したことはないでしょうし、家族以外の赤の他人との飲食はとくにダメってことにするしかないんでしょうね。無理に決まってますが


しかしそれだけにこの犯罪の卑劣さはひどいものです
性犯罪者への厳罰化をすべきだし、最高刑は死刑以外ないと思いますよ、何度でも繰り返しますが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00010001-sp_ctv-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪
posted by ! at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。