2018年08月31日

ほかの子供の学ぶ権利を侵害していることは無視なんだよねhttps://www.sankei.com/west/news/180831/wst1808310046-n1.html

yahoo:「人工呼吸器使う女児の母親に「養護学校の方が合っている」 兵庫・宝塚市教育委員が発言、差別認定

兵庫県宝塚市教委は31日、教育委員だった男性(72)が市内の公立小学校に通う、難病を患う4年生の女児(9)の母親らに「養護学校の方が合っているのではないか」などと発言したと明らかにした。市教委は発言を「差別」と認定。男性は先月25日に辞表を提出し、26日に受理された。

 市教委によると、女児は脊髄性筋萎縮症を患い、たん吸引などの医療的ケアが必要。幼稚園の友達らと一緒の小学校に行きたいと希望し、平成27年、看護師を配置した小学校に入学。人工呼吸器を利用しながら通学している。

 元委員は今年6月に小学校を訪問した際、教室で女児が看護師のケアを受けている様子を見て「環境が整っている養護学校の方が合っているのでは」と発言。母親が「本人がこの学校に行きたいといっている」と伝えると、「本人はそうかもしれないけれど周りが大変だ」と話した。

 市教委の聞き取りに対し元委員は「養護学校の方がよりよい対応が可能と思った。ご家族の心情を傷つけ申し訳ない」と謝罪したという。


酷い話です
これが差別だっていってしまったら、ものすごく気の毒だよね
人工呼吸器を使ってるってことは、常に何が起きるかわからない状態でもあるわけでしょ?健康状態を踏まえたら、教師の目の行き届きやすい環境を選ぶべきだと思いますね。だからこその養護学校へって発言だと思うんですけど、それが差別ですか・・・酷い

周りの普通の子供にとって、それがどれだけ負担かってことを考えてあげるべきではないか?
それともそういう周囲の子供にもさらに負担を課して、お世話係をさせるつもりとか?

他の子供への教育を受ける権利を侵害している可能性を含めて、この親の差別だったという申し立てはひどいものだと感じます
元委員の人は本当にお気の毒様でした
ひどいのに当たっちゃったね

障害者のお世話係を割り当てられた生徒がずっとつきまとわれることになって、ひどい目に遭ったという話は結構聞くことですし、普通学校へ行くことは親の自己満足でしかなく、周囲への迷惑を一切考えてないとんでもないことでしょう


https://www.sankei.com/west/news/180831/wst1808310046-n1.html


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:差別 養護学校
posted by ! at 20:13| 東京 🌁| Comment(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。