2018年08月31日

風評被害が出ないように、国、東電、マスコミが全力を尽くすべきではないか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000641-fminpo-l07

yahoo:「海洋放出 反対が大勢 東電福島第一原発トリチウム水

東京電力福島第一原発の汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水の処分に関する初の公聴会は三十日、福島県富岡町文化交流センター学びの森で開かれた。政府の小委員会は五つの処分方法を説明したが、漁業関係者ら十四人の発言は海洋放出に集中し「風評が起きるのは必至で、国民的議論もされていない」などと反対する意見が大多数を占めた。小委員会は三十一日にも公聴会を開き、処分方法を絞り込む議論に反映させる。

 小委員会事務局が各処分方法の概要などを説明した後、漁業関係者や地方議員、弁護士ら公募で選ばれた意見表明者が発言した。海洋放出に関しては十四人中、十二人が明確に反対の意思を示した。野崎哲福島県漁連会長(福島県いわき市)は「福島県漁業に壊滅的な打撃を与えるだけでなく、これまでの努力と再興意欲を完全に奪う」と語気を強めた。大槻宗司大阪大大学院工学研究科招へい教員(大阪府)は「これ以上のタンク保管は敷地面積的に難しいとの印象だ。トリチウム水の全量測定で安全性を確認した上で、海洋放出するべき」と賛成した。

 その他の「地層注入」「水蒸気放出」「水素放出」「地下埋設」の処分方法についても大半の意見表明者が反対意見を述べた。
 多核種除去設備(ALPS)の浄化水に他の放射性物質が残留し、一部が排水の法令基準値を上回っていたことが公聴会の開催決定後に判明したのに対し、事務局は「小委員会内では議論の前提となっていた。情報の出し方を工夫したい」と釈明した。だが、意見表明者からは「情報提供の仕方が恣意(しい)的だ」「トリチウムのみの処分に意見を述べる公聴会の基本前提が破綻した」などと疑問の声や批判が相次いだ。

 トリチウム水は原発構内のタンク約六百八十基に保管しており、計約九十二万トンに上る。タンク増設を進め二〇二〇年末までに総量を百三十七万トンに増やす計画だが、小委員会は「敷地内での増設は限界を迎えつつある」としている。

 初日の公聴会には一般聴講者約百人が訪れた。三十一日は午前九時半から福島県郡山市の郡山商工会議所、午後三時半から東京都千代田区のイイノホールで開催される。

■山本委員長「永久に保管考えにくい」 
 公聴会終了後、小委員会の山本一良委員長(名古屋学芸大副学長)は報道陣の取材に応じた。海洋放出に反対意見が集まったことに対し、「重く受け止めるが、永久にタンクで保管する選択肢は考えにくい」と述べ、処分の必要性を改めて強調した。 

 今回予定されている三回の公聴会以外に、国民から意見を聞く場を設けるかどうかについては「小委員会で議論をして考え方をまとめていきたい」と述べるにとどめた。 

 ALPSで浄化後の水にトリチウム以外の放射性物質が残留していた点に関し、個人的な意見と前置きした上で「何らかの処理を複数回重ねるべきだ」とし、再浄化などの対応が必要との認識を示した。 

■規制委員長は放出容認姿勢 

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は処分方法のうち海洋放出が唯一の方法としており、希釈して法令基準濃度を下回れば放出を容認する考えを示している。 

 内堀雅雄知事は「さまざまな意見を聞き、慎重に検討することが何より重要だ」と指摘している。 

※トリチウム

 水素の放射性同位体で三重水素とも呼ばれる。放射線のエネルギーは弱く、体内に取り込んだ際の人体への影響は放射性セシウムの約700分の1とされる。半減期は12・3年。自然界に存在するほか、原子炉内の核分裂などによっても生じる。水と性質が似ており、東京電力福島第一原発の多核種除去設備(ALPS)でも除去できない。通常の原発では希釈した上で海に放出している。
 
トリチウムは、要するに水なんだから流しても問題ないわけで、いつまでもグチグチ文句ばかりたれるだけの連中は無視すれば良くて、しっかりと科学的知見に基づいた説得を続けるしかないでしょう
それをしないでいれば、このように感情論だけで反発されるので問題が終結する訳ありません

世界中でやってることだし、それで問題が起きたということもないわけで
粛々と続けるしかないでしょうね
あとは流す場所として東京湾とか出てますけど、それを本気で議論してみたら良いと思います。もちろん科学的に、原子力関係の科学者たちによる議論ですよ





https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000641-fminpo-l07


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。