2018年05月25日

学生がそういう酷い目に遭わないように、大学がきちんとケジメを付けるべきでは無いのか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000115-dal-spo

yahoo:「日大学長、無関係学生の就活影響を懸念 面接で質問「グサッとくる」

日本大学は25日、悪質なタックル問題を起こしたアメリカンフットボール部について、都内の日大本部で大塚吉兵衛学長が会見を開いた。今回の問題が4年生の就職活動に表れているといい、「就職のところでハンディキャップにならないように、企業さんにはお願いしないといけない」と会見を通じて求めた。

 今回の件に関係ない日大生への影響について、「4年生については面接などで、『あの問題をどう思うか』という、本人にとってはグサっとくる質問をされるというのが一つ、あるようです」と明かした。各企業に対して、「学生個人個人については重々感じていて、面談にうかがう、面接にうかがうわけですので、別の質問にしていただきたいなという気持ちも私の方からはお願いしたい」と所感を述べた。

 各地にある付属高校にも「数は少ない」としつつも苦情が来ているという。大学の学部は対応窓口の電話が「鳴りっぱなし。取れる本数も少ない」ほど担当者が対応にかかりきりだという現状を説明した。


就活をしている学生に累が及ばないようにするのは大学の仕事では無いのか?

暴力を肯定する常務理事とやら謹慎、理事職を一時停止とかあやふやなことをいていれば大学の評判は落ちるばかりで、学生の足を引っ張っているのは誰かって事


現状に対する意見を学生に、企業サイドが求めるのは当然だと思いますよ
でも、懸念すべきは企業もそういう支配構造を望んでいる場合があるって事ですね。学生がうかつに否定したら入社出来ないかも。しかし入社しない方が良いかもね、そういうのはブラック企業だから

今回監督、コーチのやりように怒っている人は多いけど、自身に置き換えて
程度の差はあるにしても、企業など組織内で同じ事をしてないか?省みる必要はあるだろうなぁとは思ってます
小さなコミュニティ、ご近所づきあいとか、子供同士のつきあいの中でも、君臨したがる人はいるでしょ?
そういう人こそ、監督の行いをみて、やってはいけないと反省出来れば良いけど、
できる人ならそういう人にはならないもんね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000115-dal-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。