2018年05月17日

数をそろえる必要なし>候補者男女均等法https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000050-asahi-pol

yahoo:「候補者男女均等法が成立 女性議員増加、政党に努力促す

選挙で男女の候補者数をできる限り「均等」にするよう政党に求める「政治分野における男女共同参画推進法」(候補者男女均等法)が16日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。女性の議員を増やすことを促す日本で初めての法律だ。

 この法では、政策の立案や決定に多様な国民の意見を的確に反映するため、国会と地方議会の選挙で「男女の候補者の数ができる限り均等となることを目指す」と規定。政党に対し、女性候補を増やす努力を求める。超党派で2015年に立ち上げた議員連盟(会長=中川正春・元文部科学相)が主導した。

 法に合わせ、総務省に対して地方議会で女性を含め幅広い層が議員として参画しやすい環境整備について検討することや、内閣府に対して女性の政治参画支援についての情報提供をすることなどを求める決議もした。


無理に男女数をそろえる必要なし
最初から半数にすると決めて、候補者数をそろえるのは国民生活への冒涜では無いか?
能力のある人物が性別によっては除外されたり、能力が劣る人物が性別故に優遇されるようなことがあってはならないはず
それこそ性差別というものでは無いか?
純粋に能力によって判断されるべきだと思います

もし同等なら双方立候補させ、有権者に判断させても良いんじゃ無い?
それで男女数が違っても、それこそ有権者が判断したことなので問題は無いはずだけど?

議員数が男女で半々でなければいけないっていう発想こそがゆがんでる


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000050-asahi-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:06| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。