2018年05月09日

語り継ぐにしても>ハンセン病https://news.yahoo.co.jp/feature/954

yahoo:「差別の歴史 どう語り継ぐ―― ハンセン病元患者らの思い

「どうして70年間も、ここにいなければならなかったのか」――。岡山県にある国立ハンセン病療養所・長島愛生園で暮らす元患者の中尾伸治さん(83)は疑問に感じている。病気はとっくに治っているのに、国の隔離政策で差別や偏見の目にさらされ続け、療養所で暮らさざるを得なかったからだ。そうした人たちは他にも大勢いる。入所者の思いやハンセン病を語り継ぐ意味とは……。まずは動画で見てほしい。(三重テレビ放送/Yahoo!ニュース 特集編集部)

以下略

患者自身の視点からすれば、辛いことだったとは思いますけど

当時の医療技術からすれば、どうにもならなかったのでは?
治療法が無ければ結果としてそうならざるを得ないし、
現代の視点で人権問題が、差別があったとするのは当時の関係者にはどうなのかなぁと思います

他の人、健常者を守るために致し方なかったのでは無いか?という視点も残しておかないと当時の医療関係者に申し訳ないんじゃ無かろうかと考えますね


https://news.yahoo.co.jp/feature/954


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:26| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。