2018年04月17日

名乗り出れないのに、なんで雑誌には話すことが出来たんだろう?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000040-jij-pol

yahoo:「名乗り出ないと認定困難=次官のセクハラ疑惑調査で―麻生財務相

麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を調査するため同省を担当する報道機関の女性記者に協力を要請したことについて、「本人が出てこなければどうしようもない」と述べた。

 被害者とされる女性記者が申し出なければ、セクハラと認定するのは難しいという認識を示したものだ。

 性的被害では被害者が自発的に名乗り出にくいとされている。麻生氏は「次官に人権はないと言うのか」と述べ、疑惑を報じた週刊新潮の記事を一方的に信じることはできないと強調した。 


言っていることは至極当然
言い出しにくいことが、何でまっ先に雑誌に言えているのか不思議

それよりかは警察などに言った方がよっぽど解決への近道
そうでは無くスキャンダルとしてしてやったりという気持ちが強いなら、雑誌に行くのは当然かなと

セクハラ、性犯罪は憎むべき犯罪だけど、かといって冤罪も起きやすいため
慎重な対応は当然でしょう
被害者だから何をしても良いって事は無いんじゃ無いでしょうか?
然るべき手段を持って犯罪を撲滅に持っていくならともかく、たんにスキャンダルとして大きな騒ぎにしたいだけなら大いに問題有りでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000040-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:36| 東京 🌁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。