2018年04月05日

けっきょく産む機械であることに満足するって事?https://news.yahoo.co.jp/feature/925

yahoo:「「僕、おばあちゃんから生まれたんだ」―― 「代理母出産」とはなにか

「代理母出産」とは、子どもを望む夫婦が第三者の女性のおなかを借りて妊娠・出産することだ。先天的に子宮がない、あるいは病気で子宮を失った女性が唯一、子どもを持てる方法である。生命を尊重する観点から海外では法整備が進むが、日本に法制度はない。今後、「代理母」をどう考えるべきなのか。法制度が未整備の中、実際にそれを手がけた医師、当事者、反対する人などの意見を聞いた。

以下略

結局、他人の命を、産む機械として、利用するって事なのよね
医療技術がいくら進んでもこういうことはしちゃいかんだろうって思うのです
人身売買とかそういうことでしょ、どうみても

たまたま今回うまくいったのかもしれないけど、高齢者に出産させるとか虐待も良いところじゃない?
美談にしてはいけないよ

記事へのコメントにもありましたけど、これが唯一の方法じゃ無いし
むしろ冒涜でしか無い、この技術封印すべきだと思います

せめて人工子宮が出来るまで、ダメでしょうね


https://news.yahoo.co.jp/feature/925


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | 生命に関わる問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。