2018年03月24日

育児世帯が働かないとならない日本はものすごく貧しいのだろうhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00010000-binsider-bus_all

yahoo:「産んだら非正規で年収半減、育休切りで派遣に駆け込みー M字カーブ解消の真実

出産や育児を理由に女性が離職し、育児期に女性の労働力率が下がる「M字カーブ」と呼ばれる現象が、解消しつつあることが2017年についての労働力調査(総務省)で顕著になっている。大企業を中心に子育てしながら働く環境が整ってきたことが背景にはあるが、出産を経て働き続けている女性の実態をみると、依然として厳しい現実が浮かび上がってくる。
 以下略

というわけで、国にとって人口の確保は喫緊の課題のはず
なのに、育児世帯を増やすための方策を全然とろうとせず
むしろ搾取の対象としてしまっている

年金が減るなど社会保険のシステムが破綻してきているのは、担うべき世代が減っているからというのが大きいはず

ならば、若い世代に結婚、妊娠出産、育児という国の最重要課題をお願いするしか無いはずなのに、何もしない
おかしな話ですよ

出産したばかりの母親が子供を放置して(あえてこういう言い方するけどね)他人の任せて働かないとならないとか、本当に国として終わっているのでは無いか?育児すら出来ないほど貧しい日本

少なくとも夫の収入だけで食べて行かれるだけの余裕を作るべきでは無いか?
さらに言えば、夫も父親して育児が出来るように、長時間労働は無しにすべきだし、そもそも長時間労働自体がおかしいのだけどね

むしろ何でそこまで働かないといけないのか?と働くことに疑問を持つべきでは無いか?
生きるために働くけど、働くために生きているのでは無いということを強く主張したいねぇ

人口を増やすことを最重要課題とするなら、
出産、育児可能世代から外れた世帯の労働力をもっと活用し、育児世代を助ける形を作るべきじゃ無いのかなぁ

元気な老人はもっと働いても良いと思います
孫世代が増えれば、日本が良くなっていくはずだし、がんばってくれませんかね?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00010000-binsider-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。