2018年03月20日

日本って加害者日本刀に甘い人が多いよね>オウム死刑囚の死刑取りやめを求める面々http://www.sankei.com/affairs/news/180319/afr1803190036-n1.html

産経新聞:「弟子12人の死刑執行求めず 「脱カルト協会」が訴え

研究者や弁護士らでつくる「日本脱カルト協会」は19日、東京都内で記者会見し、死刑が確定したオウム真理教関係者13人について「教祖の松本智津夫死刑囚の弟子12人の多くは自らの誤りに気付いており、なぜ事件が起きたかを語らせる必要がある」として、死刑を執行しないよう訴えた。松本死刑囚に関しては見解を示さなかった。

 協会は15日付で、弟子12人を無期懲役に減刑するよう求める要請書を上川陽子法相に出した。

 メンバーの一人で、自身も猛毒VXで襲撃された永岡弘行さん(79)は、2月に中川智正死刑囚と面会したと明かし「『お世話になった』というあいさつをするので、びっくりした。こうした事件を二度と起こさないために、彼らには生きてもらわないといけない」と話した。


その身をもって償わせるべきでしょう
死刑は当然のこと
なんで死刑をやめさせようとするのか?

まして判決が出て、すぐにこういう動きがあったわけでも無く
何年も放置しておいて、
いよいよ各裁判も終結して、死刑が執行されるんだなというころになって
何で今頃語らせる必要があると言い出すのか?
それならもっと早く、そういう行動は出来たはずだ?
単なる加害者の擁護に過ぎず、死刑の妨害でしか無い
クソ人権弁護士の独りよがりの行動では無いか?


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:死刑 人権
posted by ! at 19:51| 東京 ☔| Comment(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。