2018年03月06日

児童相談所の権限が弱すぎるからhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180306-00000072-jnn-soci

yahoo:「目黒5歳女児死亡事件、児相1月に指導措置解除

東京・目黒区で5歳の女の子が父親に暴行を受けた後に死亡した事件で、児童相談所が「虐待の疑いがある」として父親らを指導していたものの、今年1月になって指導措置を解除していたことがわかりました。

 この事件は、5歳の船戸結愛ちゃんが目黒区の自宅で死亡し、結愛ちゃんを殴ったとして、父親の船戸雄大容疑者(33)が警視庁に逮捕されたものです。

 船戸容疑者は、以前住んでいた香川県でも、結愛ちゃんに対する虐待の疑いで2回にわたって書類送検されたことがあり、児童相談所が船戸容疑者と妻に指導措置を取っていましたが、今年1月4日になって解除していたことがわかりました。

 「(結愛ちゃんは)何か物をもらっても『ありがとう』とお礼が言えないとか、内気なところを本人(船戸容疑者)から直したいというのは聞いていた。小学校に上がるのが一つの境目ということで、全然知らない所へ行って0から教えたいと言っていた」(船戸容疑者の同僚の男性)

 その後、東京都は家庭訪問をしましたが、結愛ちゃんには会うことができなかったということです。東京都は「緊急の保護が必要な家庭という認識ではなかった」としていて、香川県の児童相談所は「適切な判断に基づいて対応した」としています。


児童相談所の権限をもっと強くしないとダメだよね
家の中に踏み込めるだけの権限を与えなければ、子供を守るということは出来ないと思います
親権者が拒否したら、児童相談所職員は手も足も出ないという状況では助かるものも助からない

基本的に親は子供を守るものという前提で動いている限りダメですね
困った親は子供を平気で害すという現状を受け入れ、法を改正し
家の中へ踏み込む権限を児童相談所職員へ与えるべきです
ぶれーきが必要なら、とりあえず警察の捜査令状みたいに、家庭裁判所のサインで踏み込むようにしたら良いと思います
何が最優先されるべきかということに主眼を置いて法改正しなければ
こういうことは何度でも繰り返すでしょうね

サヨク系の人権論者は反対しそうな気がしますけど


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180306-00000072-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。