2018年03月06日

親権の扱いを国際社会に合わせるか、日本独自のままが良いのか?>ハーグ条約https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00050024-yom-soci

yahoo:「子の引き離し全て失敗、ハーグ条約実効性に疑問

結婚生活の破綻などに伴って夫妻の一方が国外に連れ去った子の扱いを定めたハーグ条約を巡る日本国内での裁判で、子を元々住んでいた国に帰す命令などが確定したのに、応じない親を子と引き離すために行われた法定手続き6件がすべて失敗していることが外務省への取材でわかった。

 条約の実効性が問われる事態で、専門家は「制度を改善すべきだ」としている。

 ハーグ条約は、片方の親が無断で子を母国に連れ帰った場合、その子を元の居住国に帰すことを原則とする国際ルール。他国在住の親から子を帰すよう申し立てを受けた家裁などが、審判などで可否を決定する。決定に反して子の引き渡しに応じない親には、制裁金が科される間接強制を経て、代替執行が行われる。


国際結婚って難しいよなって思います
結婚を死が分かつまで続けられるなら、大丈夫かもですが
たいていは早々に別れちゃうことがあるらしいので、そのときはいろいろ問題が出てくるみたい
この件のように子供の扱いなんて最たる例でしょう

日本の場合母親の親権が異常に強いんですよね
女尊男卑の一例かもしれません

それはさておき、記事コメントにありましたけど
強制執行といっても母親が拒否するとどうにもならないとか、どこに強制制があるのやらと情けなくなりますね
どうであっても法の判断がでてるのに、拒否したらダメとか誘拐を法が後押ししちゃダメです
条約を締結したらきちんと守らないと!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00050024-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:ハーグ条約 親権
posted by ! at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。