2018年02月26日

少なくとも公僕である限り自由であるわけ無いhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000106-asahi-soci

yahoo:「「君が代」起立めぐり再任用拒否 元教諭が大阪府を提訴

卒業・入学式での君が代の起立斉唱をめぐり再任用を拒まれたとして、大阪府立高校の元教諭、梅原聡さん(61)が23日、府に計約550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によると、梅原さんは定年退職を控えた昨年1月、勤務先の校長から「今後、起立斉唱の職務命令に従うか」と尋ねられ、「答えることはできない」と返答。府教委は同3月に「職務命令に従う意識が希薄」などとして再任用しなかった。梅原さんは訴状で「起立斉唱の意向確認は思想良心の自由を侵害するもの」と主張。精神的苦痛への慰謝料や本来得られたはずの給与相当額の支払いを求めている。


公僕である限り、自由権なんてあり得ないでしょ
まっ先に国に殉ずるのが公務員の立場だし、そのために待遇などで優遇されていると思ってる
というわけで思想とかそういうことも国優先であることが求められると思うので
国旗も国歌も受け入れられませんというのは公僕たる資格がないのは当然のこと
というか国民である限り、人として生きる限り所属先と折り合いを付けるのは当然では無いかと

それが出来ずに文句ばかり言うのは人としてどうかと思うわけですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000106-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。