2018年01月04日

輝いている女性って何だろうね?https://news.yahoo.co.jp/story/855

yahoo:「「覚悟して選んだ」専業主婦、でも…「女性活躍」にざわつく焦燥感

かつて「男は仕事、女は主婦」が理想とされた時代がありましたが、平成では、専業主婦の価値観も変わりました。結婚・出産を機に専業主婦になった元「バリキャリ」(バリバリのキャリアウーマン)の女性は、子育てに喜びを感じながらも、「社会の波に乗っていない」と不安を抱えています。「女性活躍」の波が押し寄せるなか、「現状にもやもやする」専業主婦のリアルを探りました。
(以下略)

安倍総理の失政の一つだと思ってます
輝いている女性=働いてる女性なんていう印象を付けているのは、ダメでしょって思いますね
要するに経営者に都合の良い労働者を増やしたいだけであって、
今一番の喫緊の課題について目を背けちゃってる印象しか無いのです

むしろ家庭を作り、子を産み、育てている夫婦こそを輝いていると定義づけるべきでは無いか?
どう考えてもフルタイム働いて妊娠子育てなんて不可能なんですから、働いている=輝いているとしてしまえば、子育て家庭が認められないような雰囲気になってしまうのでこれはよろしくない

もっと子育て世帯が、日本の未来を担っているのですから、これが評価されないとおかしい
そういった意味では専業主婦への評価が高まらないのは異常だと言わざるを得ない
安倍総理ももっと考えてほしいと思うところですね

子育て世帯の夫の給料が増えれば、妻が無理に働かなくても助かるのですから、そういう配慮こそが必要なときだと思うんですけどねぇ


https://news.yahoo.co.jp/story/855


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。