2017年12月31日

入札じゃ無いとダメなのかね?>リニアの工事https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000004-asahi-soci

yahoo:「駅工事を集中捜査 競合激しく4社で調整か リニア談合

リニア中央新幹線の建設工事を巡る大林組、大成建設、鹿島、清水建設のゼネコン大手4社の談合事件で、東京地検特捜部と公正取引委員会は年明けから捜査人員を拡充し、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで本格的な解明に乗り出す。捜査当局は、リニア品川駅と名古屋駅の受注調整について特に関心を寄せているとみられ、4社の幹部らから集中的に事情を聴いている。

 JR東海は具体的な費用を明らかにしていないが、両駅の総工事費はそれぞれ数千億円規模とみられる。品川駅では北工区を清水建設、南工区を大林組が2015年に受注。名古屋駅では中央西工区を大林組が16年に受注した。

 複数の関係者によると、4社は11年に正式なルートが発表される前から、総工事費1千億円超の南アルプストンネル工事と、両駅について受注分担の協議をしていたという。トンネル工事は極めて高い技術力が必要で、南アルプストンネルを土木工事を得意とする鹿島と大成建設が受注することに争いはなかったとみられる。

 一方、駅工事は各社の競合が激しく、大林組や清水建設も受注を目指していた。捜査当局は、価格を抑えようとするJR東海との交渉を有利に進めるためにも、4社が談合したとみている模様だ。品川駅では選定がいったん不調に終わった後、再選定で清水建設と大林組が受注した。

 JR東海はリニア建設に際し税制優遇を受けており、9兆円の総事業費には公的資金を原資とした3兆円の低利融資も含まれている。東京地検特捜部と公正取引委員会は、談合で工事価格が高止まりすれば国民負担に跳ね返ることから悪質性が高いととらえており、全容解明を目指す考えだ。


こういう特殊な工事の場合、入札しても入札出来る企業は他にどのくらいあるのかしらね?
もしこの企業だけしか出来ないという場合に入札をするというのもどうかと思うんですよね

税金の無駄遣いとすぐなりますけど、削った分企業が不利益を受けた場合、どうすりゃいいんでしょう?
企業が不利益を受けてまで工事をすることは無いと判断したらどうなります?
適正かどうかをどういう風に判断するのか?無理矢理競争原理を入れて、かえって手抜き工事をされる方が困るんですがね

小池都知事の愚行で入札が出来ない事態がありましたけど、そういうことなんですよね

なにがなんでも入札というのもどうかと思いますし
何をもって適正な金額なのかというのを決めるのか?
競争して無理矢理下げた価格が適正とされたら工事会社は赤字になるだけで良いことはありませんし
何が何でも安いことが良いという発想、それからついでに納期を短く設定するようなことは止めましょうって感じです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000004-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:入札 工事 リニア
posted by ! at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。