2017年12月21日

伊方原発、四国電力の異議申し立ては当然だ!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000058-jij-soci

yahoo:「四国電が異議申し立て=伊方原発差し止め―広島高裁

四国電力は21日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた広島高裁の仮処分決定を不服として、同高裁に保全異議と、決定の効力を止める執行停止を申し立てた。

 同高裁の別の裁判長が判断する見通し。

 四国電の佐伯勇人社長は高松市の本社で差し止め決定後初めて記者会見し、「当社の主張を一方的に否定し、各裁判所の常識的な判断を覆した。極めて不本意な結果で、早期に取り消していただけるよう、主張立証に全力を尽くす」と述べた。

 広島高裁は13日、伊方原発から約130キロ離れた熊本県・阿蘇カルデラで破局的な噴火が起きた場合に火砕流が到達する可能性を指摘し、来年9月30日まで運転を禁止した。3号機は今年10月から定期検査のため停止中だが、決定が覆らない限り運転を再開できない。

 四国電は「原発の運転期間中に破局的噴火が起きる可能性は低く、約9万年前の噴火でも火砕流は伊方周辺に到達していない」と主張している。

 住民側は「高裁の命令に潔く服し、伊方原発を止めてほしい」などとするコメントを出した。 


あまりにも理屈からかけ離れた、馬鹿げた判断だけだっただけに
この異議申し立ては当然かと
高裁の判断を受け入れろという住民の意見もおかしい
三審制である以上、最高裁で判断を仰ぐ権利はあるはずで、それを阻止するのは大いに問題ありです

九州阿蘇山の噴火で火砕流云々といったら、九州が壊滅状態と多くの人が書くとおり
すでに壊滅状態で放射線の影響を考えるのは大いに馬鹿げてる
それなら九州に居住することを禁止しなければならないし、
その考えがまかり通るなら、そもそも日本列島に住むこと自体が無理筋

飛躍しすぎた前提では何にも出来ませんね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000058-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:56| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。