2017年12月14日

そんなすごい噴火が起きたとき、何が起きているか想像出来てないのかな?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000505-san-soci

yahoo:「阿蘇噴火想定「日本のどこにも造れない」関係者当惑 伊方原発運転差し止め

伊方原発3号機の運転差し止めを命じた13日の広島高裁決定。約130キロ離れた阿蘇山の火砕流到達を想定した内容について、電力関係者からは「日本のどこにも原発が造れなくなる」と当惑の声が漏れた。原子力規制委員会の更(ふけ)田(た)豊志委員長は同日の定例会見で、決定が今後の安全審査に与える影響について「ない」と断言する一方、「基準やガイドは不変のものではなく、科学的・技術的知見に基づき常に改善を考えている」と強調した。

 決定では、約9万年前の阿蘇山の噴火で、火砕流が原発敷地内まで到達した可能性を指摘した。四国電はこの噴火について、火砕流の堆積物が山口県南部にまで広がっているものの、四国には達していないとしており、規制委も審査でこれを妥当と確認していた。規制委は「火山影響評価ガイド」と呼ばれる内規を基に審査を行っており、原発の160キロ圏内で将来活動する可能性がある火山が対象となる。原発の稼働期間に噴火の可能性が低くても、過去に火砕流が原発のある場所まで到達したと考えられる火山は、電力会社に監視を義務付ける。

 電力関係者の一人は「規制委の自然災害に関する審査は非常に厳しい。数年かけて認められた結果が、裁判所の短期間の審理で否定されるのは納得がいかない」と指摘した。規制委の担当者は「裁判などとは関係なく、火山などの原発への影響を評価する基準の見直しは自主的に行っている」と話す。

 広島高裁決定の2週間前の11月29日、規制委は原発周辺の火山が大規模噴火した際、設備や機器が機能を維持できる火山灰濃度の基準の試算方法を変更し、実質的に濃度基準を引き上げることを決めた。関西電力美浜原発3号機の審査書案に寄せられた公募意見や、電力中央研究所の報告などをきっかけに、昨年10月から検討されていた。更田氏は会見で決定内容への言及は避けたが、「われわれがどのような判断をしても、納得しない方は常にいる。私たちは私たちで規制の役割を果たすのみだ」と述べた。


これで訴えた連中はキチガイだと思いますし
そういう判断をした判事を馬鹿だと思いますよ
それでも仮にも裁判結果を尊重しなければいけないから、適当なところで納めておきますけどね

最高裁でひっくり返ることを期待するしかないけど
いずれこういう偏った思想を持ったままの判事が最高裁に入り込んで、偏った判決を下すことになるだろうから、司法のあり方をそれまでに正しておくことは出来ないものかと政治家には思案してほしい

いままでは地裁レベルでは変なのがいてもおかしくはないという安易な発想があったけど、ついに高裁でキチガイじみた判断が出てしまった
今度は最高裁でとなったら取り返しがつかないことになります
改められるようにがんばってほしい

さて、科学が情緒にまたしても負けてしまったと科学者が嘆いてますね
感情的に許さないが、科学的知見に勝てないという残念な状態
これじゃワクチン不接種なんていう馬鹿が増えるのもしょうがないのか?

理系教育の失敗でしょうね
科学的に考え、判断するということなく、考え無しに感情に基づいて判断するという阿呆なマネをする人が増えたら、ここまで築いてきた人間社会も滅びていくだけでしょう
社会は科学によって立つものだし

いずれにしてもとにかく司法の改革、理系教育のやり直し
この辺を急ぐべきですね

でないとはやぶさ2が、地球外物質を持って帰ってくるときに反対運動が起きるかもしれません
そのくらい馬鹿が増えていくことを懸念します

科学ではなくオカルトがまかり通っていた時代から、どのくらい経ったんだろう
なのにオカルト的な発想の方がまさるって、今日本どんどん落ちていってますね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000505-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。