2017年12月03日

緊急性を医師が判断し、緊急性がなければ有料とすれば良いと思います>救急車https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00050044-yom-soci

yahoo:「「タクシー代わり」多数か、救急車1割搬送せず

119番通報で出動した救急車が誰も搬送せずに引き返す「不搬送」の件数が2015年、約63万件に上り、救急出動件数の1割を超えていることが、総務省消防庁の調べでわかった。

 タクシー代わりに救急車を呼ぶなど不要不急の通報が多く含まれているとみられ、重症者の搬送に影響する恐れがある。同庁は、自治体ごとで異なる不搬送の定義を統一するなどして実態把握に乗り出す方針だ。

 同庁によると、全国の不搬送は15年が63万56件で、06年に比べて約19万件多く、1・4倍に増えていた。同じ期間の出動件数全体が1・2倍に増加しているが、この割合よりも大きく、出動全体に占める割合は8・4%から10・4%に上昇した。同庁は16年の不搬送の件数、割合とも15年と同程度とみている。


医師の判断で良いと思います
緊急性がないと認められたら、使用した救急車の所属の市町村から手数料込みで請求すれば良いと思います
当然払わなければ差し押さえありということで良いのではないかと


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00050044-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。