2017年11月30日

変わらなかった相撲界の体質が、横綱を潰しちゃったということか

yahoo:「日馬富士「引退」の真相 白鵬の温情が逆風を強める結果に

大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)がついに引退。29日、日本相撲協会に引退届を提出し、受理された。10月の秋巡業中に鳥取県内で幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えた問題で、警察や日本相撲協会の調べが続く中、処分を待たずに自らが責任を取って引退を決意した。周囲の猛批判にも現役続行に意欲を見せ続けてきた日馬富士が、最悪の道を選ばざるを得なかった事情とは――。

 もはや選択肢はなかったということか。貴ノ岩への暴行問題は社会問題にまで発展し、日馬富士の精神状態は日に日に衰弱していた。テレビ番組の取材に応じた日馬富士に近い友人は「食事をしても、注文したものを半分残すほどだった」とか。もちろん稽古もままならず、土俵に上がりたいという最後の情熱も失せていく一方だった。そんな状況下で日馬富士は引退の道を選んだ。選ばざるを得ないほど、追い込まれていたというのが実情だ。

 事態が大きくなるにつれ、逃げ道がなくなっていたのも事実だ。28日には横綱白鵬(32=宮城野)が、福岡市内で鳥取県警からの呼び出しに応じ、実に約7時間半にも及ぶ事情聴取を受けた。大横綱にまで迷惑をかけてしまった。こうなった以上は――日馬富士の苦しい心中は、察するに余りある。

 事件は社会的な大問題にまで発展していたことも、精神状態に重圧をかけた。28日には日本相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)がスポーツ庁を訪問。鈴木大地長官(50)に謝罪すると「社会に対する説明責任を果たしてほしい」と厳しい言葉を送られている。

 27日の横綱審議委員会では「厳しい処分が必要」という意見が大半を占めたものの「引退勧告」は出されなかった。しかしこのまま鳥取県警や相撲協会の危機管理委員会の調査が進めば、厳しい処分が下される可能性は大。何よりも2010年に暴行事件により「引退勧告」を受けた元横綱朝青龍のような最悪の事態だけは避けたかったというのが本音か。

 九州場所千秋楽では白鵬が「うみを出し切って日馬富士関と貴ノ岩関を再び土俵に上げてあげたい」と発言し、万歳三唱で締めくくったが、この行為には厳しい声が飛び交った。大横綱の温情が日馬富士への逆風を強めてしまうという、何とも皮肉な結果となった。

 仮に現役を続けたとしても、協会内部に不穏な空気を呼び起こした張本人という視線は避けられない。何よりも愛する母国の先輩や同胞の力士にまで迷惑をかけてしまった。自らが身を引いて事態を収束させるしかなかったのだろう。

 軽量ながら激しい闘志と速攻で9回の優勝を果たし、多くのファンを魅了した日馬富士。酒席でのトラブルで土俵を去らなければならなかったことは、一生悔いが残るに違いない。


Yahoo:「帰化手続き中だった日馬富士「すべてを失った」

引退時点で日本国籍を取得していない日馬富士関は、親方として相撲協会に残ることができず、今回の引退で角界を去ることとなった。

 記者会見で今後について問われた横綱は、「相撲に恩返ししたい気持ちがあった」と明かした。実は、日馬富士関は既に日本に帰化する意向を固め、具体的な手続きを進めている最中だった。周囲には、将来は親方として部屋を持ち、後進の指導にあたる構想も漏らしていた。

 「17年間、一生懸命やってきて、一瞬ですべてを失った」。暴行騒動がエスカレートし、瀬戸際に追い込まれていた日馬富士関は、協会関係者に思わずこう漏らしたという。2000年9月に16歳で来日して以来、ここまで積み重ねたものが、自身の愚行でもろくも崩れた無念さを象徴する言葉だった。


Yahoo:「一部の力士「貴乃花親方のもと巡業したくない」

横綱日馬富士関の暴行問題を受け、28日に福岡市内で行われた幕内、十両力士への講話。

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は、日本の国技を背負う力士としての自覚を促した。

 講話は冒頭部分のみが報道陣に公開されたが、相撲協会によると、非公開となった部分で八角理事長は東日本大震災の被災地を慰問して喜ばれたことなどを例に挙げ、「諸君は力士だ。日本の国技といわれる相撲、日本の伝統文化、そして誇りを背負っている。改めて暴力の根絶を胸に刻み込んでください」と厳しい口調で訴えたという。

 講話の中では、今回の暴行問題の詳細は説明されなかったというが、執行部の親方からは長崎県大村市で12月3日に始まる冬巡業についての行動注意があったという。

 協会関係者によると、執行部とのやりとりの中で、相撲協会による調査協力を拒んでいる貴乃花巡業部長(元横綱)が冬巡業に同行する予定でいることに対し、「貴乃花親方のもとでは巡業に参加したくない」との意見を述べる力士もいたという。


どんな職業でも、酒の席で暴れたり、まして暴力事件を起こせば仕事を失うことになるのは当たり前
被害者は訴え出るでしょうし、警察の捜査を受けなければならなくなるのは当然のことではないかと
そしてすべてを失うことになるのは当然のことではないか?

ところが一部の例外
何らかの権力を持った連中が絡むと被害者が泣き寝入りをせざるを得なくなる
仕事関係で加害者が取引先だったりすれば、黙らされることもあるとか
今回の件も相手が横綱だし、横綱が三人揃っていたということで、焼きを入れるための酒宴だったのかもしれませんね、うがった見方かもしれませんが

一部力士が貴乃花に反発してるそうですが
そういう古い相撲界の体質になれた連中とか、その辺が文句をいっているんじゃない?
決して貴乃花を絶対的に正しいとは思わないけど、少なくとも被害者サイドの親方、代表者として加害者に立ち向かっているわけで、加害者が何様のつもりかと感じてしまいますね

結局、あの事件以来相撲界は全然変わってなくて
指導すべき親方も、その古い体質に染まってるし、理事会のメンバーも変わってないってこと
それを改革しようとしているらしい貴乃花が嫌われているという構図かな?
ただその改革の仕方が良いかどうかとかいろいろな内情はあるのかもしれませんがね
実際貴乃花嫌いなんで、よしとはしたくないですね
ただし、被害者サイドの行動としては比較的まともに動いてると思うだけです

この暴力事件が第三者たる警察によって、きちんと捜査され、裁判で判断されることを期待してます
また相撲界が、今度こそ改革できると良いですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000002-tospoweb-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00050131-yom-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00050034-yom-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:31| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。