2017年11月29日

こんなことに医療費を無駄に使わないでほしい>性同一性障害へ保険適用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000074-asahi-soci

yahoo:「性同一性障害者の「適合手術」、保険対象に 来年度から

厚生労働省は、体と心の性が一致しない性同一性障害の人が体を心の性に合わせる「性別適合手術」を、来年度から公的医療保険の対象に含める方針を固めた。29日に開かれた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案し、大筋で了承された。

 この手術はいま、公的保険の対象外のため多額の費用がかかる。それが保険適用されれば、原則3〜1割の自己負担額で済むようになる。高額療養費制度によって、自己負担額に上限も設けられる。

 性同一性障害の人は精神保健福祉法上、精神障害と位置付けられている。性別変更を認める2004年施行の特例法は「20歳以上」「婚姻していない」などに加え、子宮や精巣などを摘出する性別適合手術を受けることを変更の要件としている。

 厚労省は性別適合手術を受けるための医療環境が整ったことや、性的少数者が社会的に認知されてきたことを踏まえて、保険適用の可否について議論が必要と判断していた。


冗談ポイでしょう
保険は本当に困ってる人に適用すべきであって、特に命に関わる部分で使われるべきであって
こんなことに使って貰っては困ります
高齢者も増えるし、子供への医療費へも十分に使ってほしいので
どうでもいい人達に使うのは大いに異議あり

取り消してください


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000074-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | 異常なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。