2017年11月27日

対応すべきは学校ではなく親ではないか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000005-mai-life

yahoo:「<教師への暴力>警察対応の秩序か生徒の将来か 苦悩の現場

学校で生徒が教師に暴力を振るって逮捕される事件が後を絶たない。福岡市では9月、男子生徒が教室で男性講師に暴行する様子を撮影した動画がインターネット上に流出し、男子生徒が逮捕される事件もあった。文部科学省は学校内で暴行などの犯罪行為があれば警察と協力して対応するよう指導するが、教育現場は生徒の将来と校内秩序をてんびんにかけて苦悩している。

 福岡市の私立高校では9月、1年の男子生徒が授業中に新任の男性講師から注意されて激高し、講師の背中を数回蹴ったり胸ぐらをつかんだりする暴行を加えた。その一部始終を同級生が撮影した動画がインターネット上に流出したことで事件が発覚。高校は被害届を出し、福岡県警が傷害容疑で男子生徒を逮捕する事態となった。

 校長は、記者会見で「暴力が限度を超えていた」として警察に通報したことに理解を求めた。県教委には「学校の対応は当然」「逮捕までするのはやりすぎだ」などと賛否の電話が多数寄せられた。

 10月には福岡県内の中学校で、2年の男子生徒が男性教諭の顔を殴ったとして傷害容疑で逮捕された。男子生徒は授業を抜け出し、男性教諭が連れ戻そうとした際に暴行した。校長は「校内で解決するか警察に通報するかは常に葛藤している。今回はこれまでにも問題行動があったため通報した。男子生徒が学校に戻れば進路相談を含めてこれまで以上に支えたい」と話す。

 文科省は2007年、全国で校内暴力が相次いでいることを受け、校内暴力などで犯罪行為の疑いがあれば学校だけで抱え込まずに警察の協力を得るよう指導した。しかし、実際に“警察ざた”になるケースは多くはない。同省によると16年度に全国の小中高校で発生した対教師暴力は8022件だったが、警察庁の統計では16年に全国の警察が教師への暴力事件として補導、検挙したのは399件にとどまる。福岡市の中学校で生徒指導を担当する中堅教師は「どの先生もできれば教育の中で生徒を立ち直らせたいと思っているはずだ」と打ち明ける。

 ◇教師も生徒と同じ目線で…「学び合い教育」で信頼築く

 教育現場は問題行動を起こす子供たちとどう向き合っていくべきか。そのヒントになる取り組みをしている中学校が福岡市にある。

 同市博多区の市立東光中はかつて「市内有数の荒れた学校」だった。元主(もとぬし)浩一校長(60)が教頭として赴任した7年前は生徒が廊下を自転車で走ったり、校舎のガラスを割ったりするなど手がつけられない状態だった。教師への暴力事件で生徒が逮捕されたこともあったが、4年前に導入した「学び合い教育」をきっかけに落ち着きを見せ始めたという。

 「学び合い教育」ではすべての授業で教師が生徒に課題を出し、生徒同士が分からないことを教え合う。教師は自分の考えを押しつけずに生徒たちを見守る。当初は授業が成立しなかったが、半年ほどすると素行が悪かった生徒も授業に加わりだした。生徒にクラスへの帰属意識が芽生えて自発的な学習につながり、クラス全体の成績が上がって校内暴力はなくなっていった。

 「かつては力で生徒を抑えつけることも必要だと思っていたが、間違いだった」。さまざまな背景を持つ生徒と向き合った末に元主校長の考えは変わったという。「抑えつけようとするから生徒は反発する。教師も生徒と同じ目線で一緒に学ぶ仲間という姿勢が、教師と生徒の信頼関係を築く近道だと思う」


生徒の将来性よりも、暴力を行ったことへの後始末が一番大事でしょ?
責任をきちんととってから先のことを考えるべきではないか?
被害者のケアも大事だ
未成年だからという理由で暴力沙汰をうやむやにするとかあってはならない

そして、本人はもちろん親権者も責任の一端を担うべきでしょうね
親が中心になって暴力沙汰の責任をとっていくべきでしょう
教師、学校はそこまでする必要がないのでは?それ以外の生徒達への責任もあるんだし
暴力加害者の後始末にまで教師が負われることはないんじゃないかと思わなくもない

まず親がどう責任をとるのか?とらないんであれば児童相談所などが中心になっていくべきでしょう
学校はまず学問を学ぶ場であって、躾とかそういうことは違うと思いますね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000005-mai-life


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:08| 東京 ☁| Comment(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。