2017年11月22日

どうせ審議拒否とでっち上げの質疑しかしないんだし無意味>野党の質問時間https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000052-jij-pol

yahoo:「与野党「5対9」で決着=衆院予算委の質問配分

衆院予算委員会は22日の理事懇談会で、27、28両日に安倍晋三首相と全閣僚の出席を求め、7時間ずつ審議を行うことで正式合意した。

 焦点の質問時間配分は与党5時間、野党9時間とすることで折り合った。この配分を「先例としない」ことも申し合わせた。

 与野党の配分をめぐり、与党は「5対5」、野党は「2対8」を主張していた。ただ、15日の衆院文部科学委は与野党「1対2」で折り合っており、予算委では野党が譲歩を強いられた格好だ。

 理事懇後、与党筆頭理事の菅原一秀氏(自民)は記者団に「今までの2対8から一歩前進した」と評価。野党筆頭理事の逢坂誠二氏(立憲民主)は「質疑をしないといけない、質疑時間を確保したい、という思いが交錯する中である種、仕方のない結論だ」と述べた。
 

野党が譲歩を強いられたって(笑)
むしろ相変わらず与党が譲歩し続けていて、愚かだねと考えてしまいますが
議席数に応じて配分すれば良いのです
野党に時間を割り振るなんて無駄でしかないでしょ?
本当に無駄

時間があってもろくなことはしないんですからね!
ありもしないスキャンダルを追い続けていくことに何の意義があるんだろう?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000052-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。