2017年11月20日

高等教育を無償化する必要はないと思うんだけどなぁhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00050000-yom-pol

yahoo:「政府、私立高も無償化検討…所得制限を設定

政府は19日、安倍首相の看板政策「人づくり革命」実現に向けて、12月上旬にもとりまとめる2兆円規模の政策の中に、所得制限を設けた私立高校の「無償化」を盛り込む方向で調整に入った。

 今後、対象の範囲など詳細を詰める。

 現在、政府は全日制高校の場合、年収910万円未満を目安とした所得制限を設けて、公立高校の年間授業料に相当する11万8800円を就学支援金として支給し、実質無償化を行っている。私立については、年収目安が250万円未満(住民税非課税世帯)で公立高の2・5倍、350万円未満は2倍、590万円未満は1・5倍をそれぞれ上限に支援している。

 しかし、私立高校の授業料は公立の約4倍にも上り、家計負担が重くなっていることから、政府は所得制限を設けた私立高校への支援を厚くすることとした。


義務教育は別として
高等教育は国が言ってくれと頼んだわけでもないんで、国が金を出す必要はないと思うんですよね
自分への投資なんだし、本人が頑張れば良いだけのことだと思います

それに教育者に対して失礼だと思いますよ
タダで学べるというのは
教育を受けるには、それだけの金を用意すべきだと思いますし
奨学金を受けることができるのは、厳しい条件を課すべきです
原則収入が少ないけど、教育を受ける価値がある頭脳を持った人だけに絞るべきですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00050000-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。