2017年11月13日

暴走車両の止め方を規定すべきではないか?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171113-00000045-nnn-soci

yahoo:「制止振り切り逆走、信号無視…車暴走1時間

愛媛県松山市で、乗用車が警察の制止を振り切り、逆走や信号無視を繰り返す様子をカメラがとらえた。この車は約1時間にわたって暴走し、13日午後、逮捕された。

 松山市内の国道を暴走する乗用車の前の部分は壊れ、タイヤはパンクしている。男は窓を開けたまま平然と逃走を続ける。男は何度も逆走や信号無視を繰り返しながら逃走。商店街の中にも逃げ込んだ。

 警察によると、男は事故を起こした後に逃走したとみられ、松山市内中心部を約1時間にわたって暴走した。そして、午後3時前、男が他人の車に乗り込もうとしたところを、警察が取り押さえ、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕した。車の後部座席には高齢の女性が同乗していた。

 警察は男の身元などを調べている。


暴走する車両を止める手段を開発すべきでしょ
パトカー体当たりはパトカーが気の毒なので、
何かしらの停止させることができ、中の運転者を死なせない程度にショックを和らげる仕組みを備えた車両の開発はできないですかね?暴走車の運転手の逮捕が優先ならば

もしくは狙撃を含めた強制的な停止方法を真剣に考えるべき
もちろん射殺することで無制御状態になるので、それが元で事故を誘発することがあってはならないことですがね

でなければ、巻き込まれ事故など余計な事故が増えるばかりで良いことがないんで警察では暴走車を止める手段を決め、それにそって強制停止をかけてほしいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171113-00000045-nnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:48| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。