2017年10月24日

小池人気にあやかりたくて自らついて行っての恨み節とは醜いねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000067-san-pol

yahoo「希望、小池氏へ恨み節 独裁体制 強まる反感

■「賞味期限切れた。代表やめるべきだ」

 衆院選の各党の議席が固まった23日、完敗を喫した希望の党では、小池百合子代表(東京都知事)への恨み節が広がり、小池氏独裁体制への反感が強まった。一方、小池氏は同日、出張先のパリで報道陣に「これから国政の組織を固めていく中で、代表を退くというのはかえって無責任だと思っている」と述べ、改めて辞任を否定した。

 樽床伸二代表代行は23日、衆院選の敗因を記者団に問われ、小池氏の排除発言に触れ「非常に厳しい響きだった」と振り返った。落選した若狭勝前衆院議員も「小池氏の不出馬がはっきりしたのが遅かったため、風が止まり逆風になった」と戦術の失敗を指摘した。

 希望の党は25日、小池氏も出席して両院議員懇談会を開く。小池氏は代表を続投し、国会議員には共同代表などの執行部を置いて国政を委ねる考えだ。ただ、衆院選では当選者の大半を民進党出身者が占め、小池氏の責任を問う声も多い。小池氏の対応次第で、党は空中分解しかねない。

 選挙区で敗れ、比例代表で復活当選した民進党出身の前職は「再来年の参院選まで希望の党があってはならない。小池氏の賞味期限は切れた。代表をやめるべきだ」と吐き捨てる。

 執行部人事をめぐっては、樽床氏には当選確実な比例近畿ブロックの単独1位で優遇されたことへの不満が多い。排除の論理を振りかざした細野豪志元環境相は反発を買っている。若手で民進党出身の玉木雄一郎氏を、党幹部に推す声もある。


小池人気にあやかって自ら犬になったくせに
本性を見抜けなかった不明を恥じる方が先じゃないのかな?

自分はそうじゃない思っていたけど、
自民党時代からやらかす人だと指摘する人は多くいたわけで、有権者で見抜いていた人もいる以上
政治家がそのざまじゃぁ、どうしようもないね
政治家の資格がないってことを自ら言ってない?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000067-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。