2017年10月07日

結局は予算削減、緊縮、無駄を省く、という発想が招いた事態?給食問題https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00050058-yom-soci

yahoo:「「まずい給食」業者との契約解除へ…批判受け

神奈川県大磯町立中学校の給食から異物が相次いで見つかり、大量の食べ残しが出ていた問題で、町は委託業者との契約を解除する方針を決めた。

 批判を受けての対応だが、給食が始まった当初から1年以上続いた事態に、専門家からは町の業者任せの対応や危機管理の甘さを問う声が上がっている。

◆コスト優先

 町が給食を始めたのは昨年1月。共働き世帯の増加などを背景に、保護者も約8割が給食に賛成していた。多くの保護者は校内で調理する「自校型」を希望したが、施設整備などに約4億5000万円かかると試算され断念。早期導入を目指した町は、製造や配送を業者に委ねることで初期費用が約1500万円で済む「配達弁当型」を採用した。

 コスト削減を優先した給食は、20キロ以上離れた製造工場から配送されるため、料理を適温で提供できなかった。カロリーや栄養バランスに配慮した献立も、生徒から「味が薄い」「見た目が悪い」と不評。髪の毛が見つかるなどのトラブルも相次ぎ、多い時には半分以上が食べ残された。


金をかけなければうまいものを食うことはできないし
そもそも企業でもまともな人材を集めることはできません

一般庶民の感覚で無駄を省けば良いというのが蔓延した結果
子供たちにしわ寄せが行ったということかもしれませんね

なんでもかんでも金をかけない、という発想が
すごく貧しいですよね
どんどん使わないと金が流通しないから景気が良くならない!!


そういえば大阪でも橋下とかっていうのがやってる維新とかいう政治団体も
緊縮とか予算削減を掲げた結果、クソ不味い給食を提供することになって問題になってますよね
金勘定でしか物事を考えられないと、肝心なことを見落とすってことです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00050058-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:57| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。