2017年10月04日

楽観視してはいけない>自民党:衆院選 #jimin  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000069-san-pol

yahoo:「野党ゴタゴタで楽観ムード…自民引き締め

小池百合子東京都知事率いる希望の党など野党候補が乱立する情勢となり、自民党内では選挙情勢を楽観する見方も出ている。希望の党は3日に1次公認候補を発表した一方、枝野幸男元官房長官が代表の立憲民主党も正式発足しており、自民批判票が分散されれば有利に働くとの計算が働く。だが、自民系保守が分裂含みの選挙区もあり、安倍晋三首相(自民党総裁)ら党幹部は引き締めを図った。

 安倍首相は3日、党本部で開かれた選挙対策会合で「愚直に政策を訴えて気を引き締めて戦おう」と党幹部に指示。会合では、公認調整が難航する山梨2区などについて二階俊博幹事長に一任する方針を確認した。

 希望の党などに対する牽制(けんせい)にも余念がない。首相は栃木県さくら市で街頭演説に臨み「ブームからは何も生まれない」と強調した。菅義偉官房長官も3日の記者会見で「政党は具体的な政策をどう実現していくかが大事だ。国民は今までもいくつかの政党ができては消えていったのを見ている」と批判した。

 現在までのところ、希望の党、立憲民主党、民進党系の無所属候補の出馬が相次ぎ、共産党は希望の党に対抗馬を立てる方針だ。塩谷立選対委員長は3日、記者団に「野党候補が乱立すれば有利な構図になる」と語った。ある東京選出の前衆院議員は、自身の選挙区で希望、立憲民主両党の候補が出馬する見通しとなり「野党候補一本化を最も恐れていた」と安堵(あんど)する。

 一方、山梨2区や群馬1区など自民系保守が分裂する選挙区では逆に票が分散し、野党候補につけ込まれる可能性がある。小池氏は国政復帰を繰り返し否定しているが、出馬論もなおくすぶっている。党幹部は「甘く見ない方がいい」と楽観論を戒めている。


自民党を全面的に信頼して票を投じている人がどのくらいいるか?
あくまでも野党の自爆で、今まで評価されていたと考えるべき

また、マスコミの報道次第では、ひっくり返される可能性が大きいことを忘れてはいけない
マスコミに流されやすい国民性を舐めてはいけないよ

確かにアベノミクスである程度は景気が上向きになってきていることで若い世代からは評価されているけど
マスコミに洗脳された高齢者が野党で、小池新党へ流れる可能性が大きいことをわきまえ
しっかりと選挙活動をしていくべきだと思います

小池は危険だよ
他の野党は間抜けの集団だけど、小池は野心が強すぎて怖い


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000069-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:11| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。