2017年10月01日

そうだよな、希望の党は民進党を乗っ取らないと全国で戦えないhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000043-jij-pol

yahoo:「民進資金に希望が触手? =交付金原資に100億円超【17衆院選】

小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党が、衆院選で民進党の立候補予定者の合流を受け入れるのは、同党が持つ100億円超の資金が狙いとの見方が出ている。全国規模で候補者を擁立しようにも、自前では選挙資金を賄い切れないとみられるためだ。小池氏は候補者を選別する意向を示し、民進側から反発が出ており、カネをめぐってもめる可能性もある。
 民進党の決算資料によると、昨年末の繰越金は124億円。現時点での蓄えは「150億円近く」(党関係者)とも言われる。各党の所属議員数などに応じて税金から支払われる政党交付金が原資で、「解散や政界再編に備えてきた」と関係者は言う。

 小池氏は先月29日の記者会見で「『お金欲しさに』との批判は全くの間違いだ。しがらみのない政治には、お金のしがらみをつくってはいけない」と語った。ただ、小選挙区と比例代表に重複立候補するには、1人当たり600万円の供託金が必要で、民進党の資金が魅力的に映るのは間違いない。

 民進党は前身の民主党時代から国政選挙で、候補者に公認料を渡している。党関係者によると、先月22日には前職に約500万円が配られたという。希望は逆に「供託金プラス選挙資金300万〜600万円」(党関係者)の拠出を候補者に求める方針だ。希望に公認申請した民進党出身者を通じ、希望側に資金が移動する格好になりそうだ。
 希望が多額の資金を手にすれば、自前で候補者を擁立する余地が広がり、民進党からの受け入れ幅が狭まることにつながりかねない。同党若手の一人は「お金をほとんど渡せば、完全に相手のいいようにされる。残しておかないと交渉すらできない」と語り、希望側の出方を警戒している。


金が無ければ選挙はできないわけで
しがらみは無い、というきれい事をいくら言っても
金が無いという現実には勝てないでしょう
ゆえに民進党の金を狙っているという考え方、見方については何ら間違いは無いと思いますよ
いくら政治塾をやって金を集めたと言っても予定される候補者をすべてまかなえるほどにはなってないと思います

こういう汚いマネをしておきながら、日本の希望とか大笑いですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000043-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:40| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。