2017年09月15日

前よりマシって程度>東京五輪ボランティア制服https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000124-jij-pol

yahoo:「ボランティア新制服は市松模様=東京都、「ダサい」批判で見直し

東京都の小池百合子知事は15日の記者会見で、都の観光ボランティアが着る新たなユニホームを発表した。

 旧デザインは「ダサい」などと批判され、都が見直していた。新デザインは市松模様で、小池氏は「デザインやカラーを統一し、伝統と革新を表現した」と説明。10月上旬から順次、着用を始める。

 新ユニホームはポロシャツとブルゾン、防寒コートなどで構成。市松模様を白や黒、水色でデザインし、背中には都の観光情報サイトに接続できるQRコードをあしらった。製作費は約8000万円。

 観光ボランティアは、街なかで外国人旅行者に英語などで声を掛けて観光案内する役割で、現在約2500人が登録。舛添要一前知事の時代にユニホームを作ったが「色彩に統一感がない」などと批判が多く、小池氏が見直す考えを示していた。


桝添都知事時代に設定された制服よりはマシって程度
あの朝鮮風の制服は本当にダサかった
何で日本のオリンピックなのに朝鮮風なのかと
しかも趣味が悪いというかダサいというか、とにかくかっこ悪かった

そもそも日本で朝鮮風というのが最低でした
ちゃんと日本文化に根付いたものにすれば良かったのですが

で、今回のが良いのかと言えば
桝添時代に、ネット上で発表されていた半纏ベースのデザインの方が良かったと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000124-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。