2017年07月21日

暑い夏を乗り越えるには原発が必要https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000057-jij-soci

yahoo:「伊方原発差し止め認めず=新基準「不合理な点ない」―松山地裁

稼働中の四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)は大地震で事故を起こす恐れがあるとして、住民11人が運転差し止めを求めた仮処分申請で、松山地裁は21日、住民側の申し立てを却下した。

 久保井恵子裁判長は「原発の新規制基準に不合理な点はない」と判断した。住民側は決定を不服として、高松高裁に即時抗告する方針。

 伊方3号機は新規制基準に基づく原子力規制委員会の審査に合格し、昨年8月に再稼働した。広島地裁は今年3月、伊方3号機の差し止めを求めた住民側の仮処分申請を却下している。

 住民側は、伊方原発が南海トラフ巨大地震の震源域にあり、近くには長大な中央構造線断層帯があると指摘。四国電が耐震設計の基になる基準地震動(想定される最大の揺れ)を過小評価していると主張した。

 久保井裁判長は決定で、四国電が周辺海域などの詳細な調査を行い、複数のケースを想定して評価したと認定。「不合理な点は認められない」とし、伊方3号機の安全性を認めた規制委の審査に「看過し難い誤りはない」と判断した。


暑い夏を乗り越えるには大量の電力が必要ですもんね
何で原発を止めなければならないのか?

特に年寄りの熱中症死を避けるには原発は有効だと思いますけどねぇ(笑)

可能性を考えれば、暑さによる死こそ、まず恐れるべきなのに何白昼夢を見ているのやら


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000057-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック