2017年06月18日

またマスコミの嘘でやられるんでしょうかhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000071-mai-pol

Yahoo:「<内閣支持率急落>自民「厳しい」 共謀罪や加計問題が影響

毎日新聞が17、18両日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の不支持率が1年8カ月ぶりに支持率を上回った。自民、公明両党は学校法人「加計学園」の問題で幕引きするため、国会の会期を延長せず18日に閉会させた。しかし、「共謀罪」法を参院法務委員会での採決を省略する異例の「中間報告」で成立させた国会運営と合わせ、安倍政権への批判をかわすことはできなかった。与党内では23日告示、7月2日投開票の東京都議選への影響を危ぶむ見方も出ている。

 自民党の下村博文幹事長代行は「非常に厳しい数字だ。謙虚に受け止めなければならない」と述べた。「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法について公明党幹部は「中間報告が裏目に出たとしか思えない」と述べ、強引な国会運営が支持率低下につながったとの見方を示した。

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法に対する世論の批判が強まった2015年7月から10月にかけても、内閣支持率と不支持率が逆転したことがあるが、その後、支持率は回復した。国会で「共謀罪」法が焦点になったのは当時と似ているが、今回は、加計学園の国家戦略特区を利用した獣医学部新設計画に安倍晋三首相の意向が働いたのではないかという政権の体質にも疑念が向けられている。政府関係者は「よく10ポイントの下落ですんだ」と率直に語った。

 野党は勢いづいている。民進党の山井和則国対委員長は「説明責任を果たさずに逃げまくった首相への不信感が高まり、うそをついているという思いを国民が持ったのだろう」と指摘。共産党の志位和夫委員長は「情勢激変だ。都議選で(与党に)退場の審判を下すことを第一歩にしたい」と記者団に語った。【小田中大、高橋克哉、真野敏幸】


あれだけネガキャンされて、まだ4割も支持されているというポジティブな見方も良いのですが
またもマスコミの嘘、でたらめ、偏向報道で国民がだまされて支持率を下げるということがあるのは大きな問題だと思います

報道の自由だの何だの騒ぎまくる連中ですが、報道のあり方について一定の法の縛りを作るべきじゃないですか?
嘘偽り、偏向があってはならないと定め、守られない場合はきつい罰則があっても良いですけどね

その立場によって見方が違うというのはありだと思いますので
マスコミは、その報道の立ち位置を明確にし、公正中立はないことをはっきり言うべきでしょう
その上で国民がどのように考えるのかとしたら良いのかなと考えます

マスコミが公正中立ではないことは、たかが私企業でしかないことではっきりしています
売り上げのために何でもやるヤクザみたいな連中だということを国民は前提にして受け止めた方が良いかもしれませんね

マスコミのいうことを鵜呑みにしたら戦前朝日新聞が戦争を煽っていたときと変わらないと思いませんか?
マスコミなんて所詮そんなもんです。事実をいっているとは限らない、むしろ嘘を言っていると受け止めた方が良いでしょう
ジャーナリストという肩書きにふさわしい人がどのくらいいることやら(笑)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000071-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック