2017年04月25日

運転士は救済されないのだろうか?>福知山線事故からhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000001-wordleafv-soci

yahoo:「事故現場に響く哀悼の警笛 JR福知山線脱線事故から12年

兵庫県尼崎市で乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故の発生から25日で12年を迎えた。事故現場となったマンション付近、そしてその周辺では多くの人が黙とうし、通過列車も哀悼の警笛を鳴らした。

【拡大写真付き】福知山脱線事故で夫亡くした妻の想い 夫の置き土産に感謝
事故現場に響く哀悼の警笛 JR福知山線脱線事故から12年

 現場となったマンション付近では、事故発生時刻の午前9時18分に合わせて黙とうがささげられた。そして、その時刻に通過する列車からは、哀悼の長い警笛が鳴らされ、中にいた乗客も手を合わせたりする姿が見られた。

 昨年夏から事故現場となった9階建てのマンションでは工事が行われており、上層階が取り壊され。現在は階段状に南側の1階から4階までが残されている状態となっている。

 現場近くに住むという50代の女性は「もう12年もたって...周囲の人たちが懸命に協力して助けに向かった姿が忘れられません。そして事故の後、長いこと近く走ってた電車が止まってて本当に恐ろしく思った。もう2度とあんなことがないようにしてほしいし、マンションがこういう形になってるけど、忘れたらダメですね」などと話していた。
事故現場に響く哀悼の警笛 JR福知山線脱線事故から12年

 同日早朝のラッシュ時、現場付近を通過する前の車両では、車掌から25日が事故発生から12年で、これからも安全運行に全力をあげていくという旨の車内放送が行われた後、乗客の何人かは、現場マンションに向かって目を閉じて黙とうをささげている姿がみられた。
事故現場に響く哀悼の警笛 JR福知山線脱線事故から12年

■JR福知山線脱線事故 2005年(平成17年)4月25日午前9時18分ごろ、JR福知山線の塚口駅〜尼崎駅間で。宝塚駅発同志社前駅行き 上り快速列車の先頭車両から5両目車両までが脱線。先頭車両と2両目車両が進行方向左側のマンションに衝突した。この事故で、乗客106人と運転士が死亡し、乗客562人が重軽傷を負った。


あんまり取り上げる人は少ないですけど
若い運転士さんは気の毒だったなぁ
加害者扱いになるのはやむ得ないけど

いわば会社と乗客に殺されたようなものでしょ?
過剰なまでのサービスと求める客とそれに答えようとする会社にやられたようなものじゃない?
もっと余裕を持って動ける体制なら、こんな事故起きなかったかもしれない

分刻みって言うか秒刻みで運行しなければならない状況で、命削って運転している運転士さん
最大の犠牲じゃないかなと思わなくもない

効率よく稼ぐことを求められた結果だと思います
いわゆる企業戦士なのかもしれません
社会の余裕の無さの象徴ではないでしょうか?


この辺
ヤマト運輸など宅配などのドライバーの悲惨な状況とかぶりますね
荷物を蹴飛ばしたとか投げたとか言う話も出ますが
それもやってはいけないことだけど、それだけドライバーが追い詰められているということ
大きな事故につながってないだけマシ?
そして、遅まきながらも客へのサービスを削って労働環境を整えようとする動きがあることは幸いなことです
配達時間、配達方法を客には都合が悪くなる方向へ変更
そして運賃も27年ぶりに値上げとか
労働環境改善へ向かっていくことは良いことです
他の業界もついて行ってほしいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000001-wordleafv-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック