2017年03月24日

あまりにも異質な存在を排除したいというのは病む得ないことhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000108-asahi-soci

yahoo:「性的少数者の6割、いじめられた経験 宝塚大教授が調査

LGBTなど性的少数者の6割近くが学校でいじめを経験し、先生が「いじめの解決に役立った」と思っている人は1割強に過ぎないことが、宝塚大看護学部の日高庸晴教授(社会疫学)が23日に発表した調査結果でわかった。2割が不登校を経験するなど、性的少数者の生きづらさが浮き彫りになった。

 調査は昨年7〜10月、ライフネット生命保険の委託でインターネットを通じて実施。10〜40代を中心に自ら「性的少数者」だとする約1万5千人が回答。ゲイ男性が約65%だった。

 調査によると、小中高校でいじめられた経験がある人は58%。中でも、男性に生まれ、女性として生きるトランスジェンダーの人の経験率が68%と高かった。先生が「いじめの解決に役立った」と思っている人は13・6%だった。


頭の病気を理由にいじめたらダメってことなんだけど、
でもやっぱりあれだけ異質な存在になると除外したいという気持ちがわき上がるのが普通の人だし、病む得ないことかもしれません
だからこそ早期の心の治療法を発見すべきですね

早く治してまともな人間に戻れば、いじめは減るでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000108-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:LGBT いじめ
posted by ! at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 異常なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック