2017年03月19日

田舎って怖い>移住促進、農家の嫁っていうのは気をつけたほうがいいね!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00089168-okinawat-oki

yahoo:「島で唯一の医者が脅迫され避難 沖縄・北大東島 常勤医が不在に

沖縄県北大東村(人口約600人)の県立北大東診療所の常勤医師が2月上旬から1カ月以上、不在となっていることが17日までに分かった。常勤の女性医師が村内で男に脅迫される事件が起き、村外へ避難したのが理由。診療所は現在、本島の県立病院からの代診派遣でやりくりしているが、県病院事業局の伊江朝次局長は「やる気のある医師がこんな形で島を離れざるを得なかったことを、もっと重く受け止めてほしい」と村に要望する。村は役場や駐在所と連携した医師の安全確保策などに取り組むとし、常勤配置を求めている。

 那覇署によると事件は2月7日夜に発生。男が酒気帯び状態で運転する車が対向車線に進入し、医師の乗る車と正面衝突した。男は「通報したらどうなるか分かるよな」などと医師を脅し、後に脅迫の疑いで逮捕された。「示談にしたかった」と供述したが、医師は事件翌日に村外へ避難し、その後に離任が決定した。

 現在は県立南部医療センター・こども医療センターや中部病院の医師らが数日ずつ代診を務めている。航空機の手配や医師確保が間に合わない日があり、患者の経過を継続して診られないなどの影響も出ている。

 病院事業局は事件後、村が村民に対し、常勤医師不在の理由について十分な情報を提供せず、危機感が薄いことなどを指摘。後任を4月から配置する方向で調整中だが「赴任後の安全が担保できなければ、延期もあり得る」とする。

 宮城光正村長は「事件は診療時間外の発生。県警が捜査していることもあり、村としても対応が難しい面があった」と説明する。

 事業局には「島の医療を守る連絡会議(仮称)」を立ち上げて医師住宅への防犯カメラ設置を含めた安全確保策を講じ、村議会で飲酒運転撲滅決議を提案することなどを提示。村長は「関係機関との調整が必要な部分もある。常勤医師がいてこそ住民の安心が得られるので、県や地域と連携しながら再発防止に取り組みたい」と語った。


何年か前にも秋田の無医村で医者へのいじめがどうこうという話がありました
検索してみたら一概にそうでもないような印象を受けましたが、いずれにしても一つの村といえども一人の医師で診るのは無理というものでしょう。1年365日休暇なし、しかも24時間対応可能にしておかないとならない。無茶ってものでしょ?
ニコニコニュース:「秋田県・上小阿仁村の“医者いじめ伝説”を追え!」

さておき、今回の場合は
医師への脅迫
警察の対応のまずさ
村長他は?って感じですが、
こういうのこそ、田舎特有の恐怖じゃないかしらね?

いずれにしても、女性一人で田舎へ行くものじゃないでしょう
なにされるかわからないですし・・・

田舎の恐怖について語るシャーロックホームズ「ぶなの木屋敷の怪」から
でも、その理由はきわめて明瞭なんだ。都会では世論の監視があって、法律の手がとどかないところを見はっている。ひどく下劣な裏通りでも、子供がいじめられて泣きわめくとか、酔っぱらいがなぐりつける音が聞こえるとかすれば、隣近所の連中が、かならず同情したり、憤慨したりするにきまってる。それに警察機構がすっかりゆきわたっているから、一ことでも訴え出ようものなら、すぐと活動開始で、犯罪から被告席まではほんの一歩にすぎない。だが、ああして孤立している家を見てごらん。それぞれ周囲に自分の農地をめぐらしていて、家の中にはまるで法律を知らない無知なあわれな連中が住んでいるのだ。こんなところでは、毎年毎年、凶悪残忍な犯罪が目に立たず行われて、それとわからず、すんでしまっているかもしれないじゃないか。

これは現代でも通じるように自分には感じられます
田舎への移住とか田舎の農家の嫁なんて聞くとやめたほうがいいよって言いたい気もしますね
山形県のマット殺人事件だって、そういう系統の事件とも言えますし・・・


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00089168-okinawat-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック