2017年02月23日

アメリカ行政の首長には気が触れた人が多いってことですか?>不法移民取り締まりをしないってhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000098-mai-int

yahoo:「<米不法移民対策>NYやロス市長反発「取り締まりしない」」

強制送還の対象を広げるトランプ米政権の新たな不法移民対策を受け、人権団体や不法移民に寛容な政策をとる「サンクチュアリシティー(聖域都市)」の市長らは21日、懸念を表明し、警戒を強めている。

 「どんなに否定してもホワイトハウスが大量送還の計画に動き出したのは明らか」。民主党のシューマー上院院内総務は21日の声明で新対策を批判した。

 新対策によれば、罪を犯さずに米国で暮らしてきた人も強制送還される可能性があり、家族が引き裂かれる事態もありうる。

 ニューヨークのデブラシオ市長は声明で「この対策で移民は恐怖を抱えて暮らすことになり、犯罪通報や捜査協力をしなくなる」と非難し、「ニューヨーク市警が不法移民取り締まりの仕事をすることはない」と明言。ロサンゼルスのガルセッティ市長も声明で「この対策で影響を受ける人を守るため、全力を尽くす」と強調した。

 イスラム圏7カ国からの入国一時禁止の大統領令について提訴した人権擁護団体「米自由人権協会」も声明で「トランプ大統領に最終決定権はない。裁判所や一般市民は、アメリカンドリームに反することを実現させない」と主張した。

 一方、米ギャラップ社の世論調査(2日発表)では、不法移民対策を象徴するメキシコ国境の壁建設は38%が支持しており、トランプ氏の政策は一定の評価を得ている。


罪を犯さずにといっても不法に入国、不法に滞在していること自体が問題じゃないですか
犯罪を犯してないとは言えない

アメリカの行政の長がそんなことを言っているようでは、アメリカもおしまいかもしれませんね
良くも悪くもアメリカに残っていた良心の最後がトランプ大統領を召喚してしまったのでしょう
トンデモなリベラリストに対抗するための最後の劇薬ですよね、トランプは

トンデモなリベラリストはただの売国奴に過ぎず、アメリカ人として自分の生活をまず守りたい人たちが行動をしたってこと。国っていうのはそういうものでしょう
国境をまたいで入り込んでくる連中が全部まともだという保証はないし、兎にも角にも郷に入っては号に従えってことを守れない人はよそ者でしかなく、出て行けと言われても文句は言えないと思います
アメリカで生活したいなら、アメリカの法を守らないとね
世界共通の法なんてないわけですし


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000098-mai-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック