2017年02月18日

社会の片隅にいるならいいと思うよhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010003-saitama-l11

yahoo:「誇れる…川口の同性カップルが結婚式「大切な人に承認してほしい」

埼玉県川口市の男性2人が18日、神奈川県横須賀市で結婚式を挙げる。会社員佐藤潤さん(34)と会社員内田直紀さん(27)の選んだ挙式スタイルは参列者に誓いを立てる人前式。「神様からバチが当たってしまったかもしれないけれど、せめて大切な人たちに、自分たちの関係を承認してほしい」。そんな思いから約4年半の交際期間を経て、2人が求める幸せの形を探っていこうと、新たな人生に歩みを進める。

 2人が知り合ったのは2010年。SNS(会員制交流サイト)を通じて、佐藤さんの元に内田さんからメッセージが届いた。「実は男性が好きなんです。駄目なやつなんです」。佐藤さんは「駄目じゃないよ」と返信。周囲にゲイであることを打ち明けていなかった内田さんは当時の心境を「安心した」と振り返る。共通の趣味だった音楽を通じて交流が続き、12年に交際が始まった。

 「直紀に会うまで自分を守ろうとして、人を信じようとしなかった」。失恋を経験し、生涯のパートナーを見つける気持ちは芽生えなかったという佐藤さん。だが、内田さんと過ごす時間が増える中で、心に変化が生じた。「穏やかな直紀には、汚い部分を含めて託せた。この人と生涯添い遂げたいと心から思えた」

 昨年2月から同居、自然と互いに結婚を意識した。式場に選んだのは横須賀市の海と木々に囲まれた自然豊かな場所。「初めて、幸せと報告できる日が来ました」。式場が決まると、佐藤さんは母親宛ての手紙につづった。家族や友人約35人の前で晴れ姿を披露する。

 近年、性的少数者の人権を訴えるため、レズビアンやゲイらLGBTの人がパレードを行うなど、啓発活動が各地で行われている。だが、佐藤さんは「ゲイが嫌いな人はそれでいい。僕にだって嫌いなものはある。多様性を認め合うことより、境界を取っ払うボーダーレスを求めたい。いつか、LGBTという言葉がなくなることが幸せだと思う」。式にはあえて、ゲイを好まないという友人も呼んだ。

 同性婚を認めていない日本では、法的な保障はない。ただ佐藤さんは「自分たちの力で手探りでも前に進んでいければ」と話す。正式な書類の取り交わしはできないが、役所でもらった婚姻届に互いの名前を書き記した。妻と書かれた文字には斜線を引いて夫と直した。婚姻届は部屋に大事にしまってある。

 「かつては普通であることに憧れていたけど、佐藤潤としての生き方をやっと誇れるようになった。自分たちなりの幸せの形を、心の形を見つけていきたい」。挙式当日、佐藤さんは大切な人たちの前で思いを伝えるつもりでいる。


結婚というのは社会を維持するために必要な仕組みであるので、
そうじゃないものに権利などが与えられるわけないですね
(ただし当然障害などで子供を得られない夫婦は別ですよ)

同性愛ははっきり言って異端であるし、不愉快だし、キショイ存在
それでも存在しちゃうのはどうしようもないのかもしれない。だから社会の片隅でひっそりとしていてくれるならいい。社会を維持するために頑張っている人たちの邪魔をしたり、同等の権利をよこせと不当な要求さえしなければ存在してもいいんじゃないかなと考え方は切り替えてあげようかなとは思う


普通の人とそうじゃない人が分かり合えるっていうのは神様でも無理だと思います
持っているもの、目指しているものが違うから


ブログランキング にほんブログ村


















なるほどと思いました
posted by ! at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック