2017年02月15日

月60時間でも多すぎるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010004-houdoukvq-soci

yahoo:「残業時間の上限「年720時間」案を提示

残業時間の上限を年720時間、月平均60時間の案を提示。

安倍首相は「実態を見据えて、かつ実効性の上がる結論が、(3月の実行)計画に明記できるよう、具体的に意見表明をお願いしたい」と述べた。

政府の働き方改革実現会議は14日、長時間労働の是正に向けた事務局案を示し、1年間の残業時間の上限を720時間、月平均で60時間とする方向を明記した。
違反した企業には、罰則を科すことも盛り込まれている。

一方、業務が忙しくなる繁忙期の1カ月あたりの上限については、「月100時間まで」の案を検討しているが、労使の意見の隔たりが大きく、「最低限上回ることのできない上限を設ける」との表現にとどめている。

安倍首相は、「実行計画の取りまとめまで、あと1カ月強だ」と述べ、労使双方の合意形成を促した。


100時間ではなく、60時間でまとまったという話もあったかと思いますけど
何れにしても60時間でも長すぎると考えます
原則残業なし
不足する分は人を雇って通常労働時間内で片付けるようにする
それが本当であって、長く働かせることが前提での交渉はあり得ないと思います

失業者がそれなりにいるのですから、企業は雇って人材育成し、業務に支障がないようにすべきじゃないですかね?
それでも足りないなら、思案すべきだとは思いますけども

とにかく、1日8時間以上はない、それを原則として考える、それだけです
つまるところ労基法を遵守する方策を考える方がいいんじゃないかと思いますよ
そのために労基署職員を増強したり、残業代を搾取している経営者対策で税務署職員を増やすとかできることはあるんじゃないかしら?
働く場所を作ることで、給与収入ができれば、つまり所得税の増収にもなります


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010004-houdoukvq-soci


ブログランキング にほんブログ村

ラベル:労働時間 残業
posted by ! at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック