2017年02月10日

踏切警手の復活をhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000089-mai-soci

yahoo:「<踏切事故>手押し車の78歳女性はねられ死亡 東京・池袋

9日午前10時50分ごろ、東京都豊島区西池袋4の西武池袋線の踏切で、手押し車を押していた近くの無職、高津幸子さん(78)が飯能発池袋行きの準急電車にはねられ、約1時間後に死亡した。警視庁目白署によると、踏切を横断中、手押し車の車輪がレールに引っかかり、逃げ遅れたという。

 同署によると、踏切は幅約4メートル、長さ約12メートルで、遮断機と警報機がある。付近の防犯カメラには、高津さんが一人で踏切を横断している際に手押し車が動かなくなって転倒し、はいつくばって外に出ようとした様子が映っていたという。

 高津さんは足腰が悪く、外出時には手押し車を使っていた。事故当時、踏切の周囲には人はいなかった。

 西武鉄道によると、この事故で約1万人に影響が出た。


昔いたらしいですけど、
踏切番
それを復活させるべきでしょう

高架化の工事とかすぐさまできるわけじゃないですから、手っ取り早く踏切事故をなくすためには
うまい方法だと思うのですがね
もちろん人件費もかかりますけど、事故で失われる命よりは安いもんじゃないですか?
必要なら、運賃に加算すればいいだけのことです


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック