2017年01月19日

国を挙げて、一民間企業を恫喝する滑稽さ>支那が南京に固執するわけは?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00050133-yom-soci

yahoo:「アパホテルに「南京事件」否定書籍…中国で批判

日本のアパホテルが、旧日本軍による1937年の「南京事件」を否定する内容の書籍を客室に置いているとして、中国メディアが、政府を巻き込んで批判報道を展開する騒ぎとなっている。

 日本にも多数の中国人観光客が訪れる27日からの春節(旧正月)休暇を前に、中国の大手旅行サイトが同ホテルの予約を取りやめるなどの動きが出ている。

 アパグループの発表によると、書籍はグループの元谷外志雄代表の著作。南京の当時の人口規模などから、「日本軍が30万人を虐殺した」とする中国の主張を「あり得ない」などと否定する内容。これを問題視する中国人訪日客の動画が中国で拡散し、メディアは「各国の旅行者を、自らの歴史観の宣伝教育対象にしている」(中国紙・環球時報)などと非難。中国外務省報道官は「日本の一部勢力が歴史を直視せず、否定、歪曲(わいきょく)しようとしている」などと連日批判している。

 アパホテル側は「異なる立場の方から批判されたことをもって、書籍を客室から撤去することは考えていない」としている。


支那が一民間企業を必死で恫喝する不思議
そこまで南京にこだわるのは何故なんでしょうかねぇ?
でもその必死の恫喝が、他の国にどう見えるのか考えてないのかなと思ったりするわけです

何れにしても、何十年も前のことを持ち出してきて、日本から金をむしり取ることが目的なのかなと考えてしまうわけですが、いつまでも通用しないと思うし、もっと建設的にできないのかなぁって気の毒に思いますね

でかい国で、いろいろ伸び代がありそうだけど、たぶん伸びきれずに他の国に持っていかれそうな気がします


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00050133-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック