2017年01月13日

バス会社より旅行会社、安さを求める情勢をどうにかすべきではないのか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00050018-yom-soci

yahoo:「国交省、バス監査官50人増へ…軽井沢事故受け

国土交通省は来年度、バス事業者などへの監査を担う監査官を現行より50人以上増員し、約420人態勢とする方針を固めた。

 乗客の学生ら15人が死亡した昨年1月の長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故を受けた措置で、過去最大規模の増員となる。

 事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都)は、前年に受けた監査で運転手の健康管理などに関する違反が発覚し、是正を求められていた。だが、事故後の特別監査で多数の法令違反が見つかり、監査の形骸化が指摘されていた。

 監査官の人数(今年度366人)は、5年前の2011年度(306人)から徐々に増えてきたとはいえ、トラックやタクシー会社も担当しているため、全国に約4500ある貸し切りバスの事業者をきめ細かく監査するのは難しいのが現状。国交省によると、事故前の14年度に抜き打ち監査を行ったバス事業者は約480で、全事業者の約1割にとどまっていた。


バス会社をいくら締め上げても良くはならないと思います
むしろもっとひどいことになるのでは?

運転手という仕事を軽視し、
安くこき使ってきた結果ではないのかなぁ?

デフレで、価格競争を強いられ、安い運賃で仕事を受けるために運転手、安全がものすごく軽視された結果が、この事故ではなかったか?

なので、安さを求める旅行会社、消費者
何よりも労働者を重視しようとしない国の責任もあるのではないですか?

競争があれば良くなるといって、規制を緩和し、競争重視できた結果が
今の労働者や安全と言った大事にすべきものを軽視する世の中ですね
それでいいのか?

最悪なのは規制を緩和して、国民と外人を競争させようとしていることだね
国民生活レベルが違うのですから、日本人はコストが高いからひとたまりもないでしょう
要するに一部の浮遊レベル層を除いて国民を根絶やしにする政策といても過言じゃない

しかし、これに対抗できる野党がいないもんね
別のやり方で日本国民を根絶やしにしようとしている連中ばかり


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00050018-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック