2017年01月12日

九州方面では、震災の時にオスプレイに助けられているからなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000093-asahi-soci

yahoo:「オスプレイ2機、佐世保に 九州への飛来は大破事故後初

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の輸送機オスプレイ2機が12日午前11時半ごろ、長崎県佐世保市の米海軍基地内のヘリパッドに着陸し、午後1時ごろに離陸、普天間に戻った。九州防衛局によると、オスプレイの九州への飛来は、昨年12月13日夜の沖縄県名護市沖での大破事故後、初めてという。飛行目的は不明。

 米軍オスプレイは事故から6日後の12月19日に飛行を全面再開し、今月6日には事故の原因となった空中給油訓練も再開した。

 長崎県内へのオスプレイ飛来は佐世保基地を中心に通算18回目。佐世保市は事故後、飛行再開を容認した日本政府の判断を尊重する意向を示しており、市内の労働団体は「不安の声を聞き入れぬままやって来た。市民不在の政府と市の対応に憤りを感じる」と批判した。


なんでオスプレイだけに不安を感じるのか聞いて見たいですね
飛ぶものなら全て落ちる可能性があるのに、オスプレイだけが目の敵にされる不思議
各種ヘリコプター。旅客機など全て住宅街上空を飛ぶことを禁止するのを求めるくらいじゃないと、オスプレイだけで騒ぐのは理不尽だというしかないですね

軍とか民間とか関係なく飛ぶものは落ちます
それだけです
人間は飛んじゃいけないと思うんだよなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000093-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:オスプレイ
posted by ! at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック