2017年01月05日

警察のミスより運転者のミスの方が厳しく問われるべきじゃないのかな?>箱根駅伝http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00005326-houdouk-soci

yahoo:「箱根駅伝であわや 選手が車にはねられそうに

3日に行われた「箱根駅伝」の復路で、選手が車にはねられそうになっていたことがわかった。
箱根駅伝の10区を力走する、選手の目の前を横切るワゴン車。
選手は、間一髪で難を逃れた。
3日午後1時半ごろ、「箱根駅伝」の復路で、神奈川大学の選手がゴール直前の日比谷交差点を通過しようとしたところ、左から来たワゴン車にはねられそうになった。
選手は、スピードを落として事故を免れ、5位でゴールした。
この交差点では、警察官の連携ミスで、車線の一部が通行止めにできなかったという。


一応映像見たけど
警察の不手際もあるのかもしれないかなと思わなくもないですが
それ以前に突っ込んできたワゴン車のドライバーが交差点進入時に周囲を見ていたのかどうか?
警察官がいたり帰省を敷かれている状況を鑑みれば要注意で進むべきところを
全く怠っていたと見受けられます
言われるならドライバーの方だと思いますけどねぇ
なんで警官が主に叩かれるのかよくわからない

警察官のせいにすれば楽だけど、運転手として大いに問題
免許取り消してもいいくらいじゃないのかな?
交差点に無造作に入るのは、事故防止を全く考えていない愚か者だと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00005326-houdouk-soci


ブログランキング にほんブログ村


posted by ! at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック