2016年12月05日

現実として考えればhttp://news.yahoo.co.jp/feature/452

Yahoo:「核兵器禁止条約、日本はなぜ反対したのか

10月27日(現地時間)、ニューヨークで開催された国連総会第1委員会(軍縮)で、「2017年に核兵器禁止条約交渉のための会議を開催する」決議が賛成多数で採択された。日本は反対した。唯一の戦争被爆国であり、核兵器の非人道性を訴えてきた日本はなぜ反対したのか。核軍縮・不拡散、安全保障の専門家4人に話を聞いた。
以下略

現実として、日本はいくつかの国に核ミサイルの標的とされています
これらから国を守る術としては同盟国であるアメリカの核の傘の下にいなければなりません
そしたら、反対するしかないよなぁというのが現実的は判断でしょうね

確かに核兵器無き世界は理想的ですばらしい世界でしょうけど
日本を狙う国がある限りどうしようもないでしょうね

それに若干空想的ではありますが
宇宙から落ちてくるものに対して防御手段として核爆弾の技術は持っていたいと自分は思います

なるべく地球から離れた位置で、落ちてくる隕石を爆破するには核爆弾くらいしかないんじゃない?
宇宙空間で核兵器を使っちゃいかんとありますけど、こういう例外は認められないと困りますよ?
もちろんどうしようもないくらい大きいのが落ちてきたら滅亡を受け入れるしかないかもしれませんが


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック