2016年11月20日

もっと早めることはできないのか>豊洲豊洲移転は1年後http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000086-jij-pol

Yahoo:「豊洲移転、来年末にも=再アセスなら19年春―五輪道路は暫定開通・小池都知事

東京都の小池百合子知事は18日の定例記者会見で、築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転について、早ければ1年後の2017年末までに実施する方針を公表した。

 安全性が確認され、環境影響評価(アセスメント)のやり直しを行わない場合という条件付きだが、具体的な時期を明らかにしたのは初めて。アセスがやり直しになれば、18年冬〜19年春にずれ込む。

 小池知事は、安全性の検証が終わっていないことから「豊洲移転が確実とはまだ言えない。アセス手続き後、移転するかどうか総合的に判断する」と述べた。

 築地市場跡に整備予定で、20年東京五輪・パラリンピックの選手村と都心を結ぶ都道「環状2号」に関しては、大会までの地下トンネル建造を断念した。市場周辺の地上に片側1車線の暫定道路を通した上で、信号制御により渋滞を防ぐ代替案を提示。「大会運営に問題がないように知恵を絞りたい」と話した。


行政上の手続きがちゃんとなされていないから、最初からやり直すので時間がかかるというのもわからなくはないのですが、
でも築地が使い物にならないから移転をするということで始まった以上、まず豊洲に移転をすることを最短でできるようにすべきではないのかな?
すでに完成しているのに、手続きをやって使えないというのはいささか都民ファーストという主題から逸脱するのではないでしょうか?市場関係者だって都民(のはず)です
市場関係者に無駄金を使わせるのもどうかと思うんですよ

あまり手続きにこだわりすぎるのもどうかと思うんですよね
今までの担当者やら何やらを罰するだけではなく、市場関係者に多大な負担をかけることに正義があるのかなとかなり不思議に感じられます


ま、結局は都民の緊縮要請が、こういう馬鹿な展開を起こさせているということでもあるんですけどね
予算をかけずに良いものを得ようというのは無理があるってコトじゃないのかな?
緊縮脳による社会のひずみって感じ
インフラに金をかけなければ都市計画自体が狂ってくるということです

そういう積んだ状態で小池知事就任ということで、あれこれいわれて気の毒だなぁと思わなくもないですがね(笑)
火中の栗を進んで拾うことにしたわけで、お気の毒様ということで
他に任せられる候補がいなかったし


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000086-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック