2016年11月10日

たかりやに和解する必要はないと思いますけど>大川小訴訟http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000004-khks-soci

Yahoo:「<大川小訴訟>石巻市長 提案あれば和解検討

宮城県石巻市大川小津波訴訟を巡り、亀山紘市長は9日の定例記者会見で今後の和解の可能性を問われ「二審の内容を踏まえ、もし裁判所から和解の提案があった場合にはしっかり考えたい」と答えた。

 亀山市長は「今の時点で和解は考えていない」とした上で「津波訴訟に関して言えば、控訴審で和解を提示されて実際に和解が成立した裁判もある」と含みを持たせた。

 仙台地裁の判決2日後に控訴方針を決めた経緯については「判決が出た26日午後7時半に判決文を受け取り、関係部署と内容を議論した。27日は午前中に判決文を精読し、午後は弁護士と意見交換して28日朝に判断した」と説明した。

 今村雅弘復興相から「時間を置いてもよかったのではないか」と異論が出たことには「熟慮を重ねた判断だったが、拙速だという意見があるのは承知している。いろんな観点から、早い判断が必要だった」と釈明した。

 早期決断の理由として、市議会招集の日程や市に歩調を合わせた県への配慮を挙げ「判決文は3回ぐらい通読し、重要箇所は4、5回読んだ。控訴は非常に重い判断。原告側の思いも分かるし、葛藤したが、決めざるを得なかった」と語った。


津波でいろんな形で被害に遭われて、つらい思いをされている方が多くいる中で
こういう裁判が行われていることを非常に残念に思います

加害者とされている人たちだって被害者なのに、何で断罪されなければいけないのが不思議でしょうがないです
生命を失った悲しみを前面に押し出すなら、ああいうことを幕にしたらダメでしょ
あれで同情する気は失せましたし、たかりや認定をせざるを得ないですね
そんな連中に和解したらダメでしょ。金目当てなんですから!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000004-khks-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック