2016年11月01日

女って陰湿で怖いね!って案件>パワハラで自殺http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00010002-nishinp-soci

Yahoo:「「パワハラ自殺」提訴へ 手すりの先端に顔写真、勤務態度を罵倒 西日本高速、料金所勤務の男性

 福岡県の京築地区にある東九州自動車道インターチェンジ(IC)の料金所に勤めていた契約社員の男性=当時(46)=が2015年10月、「料金所の所長からパワハラを受けた」とする遺書を書き、自殺していたことが31日分かった。遺族は、パワハラを知りながら適切な対応を取らなかったとして、勤務先の「西日本高速道路(NEXCO西日本)サービス九州」(同県太宰府市)に損害賠償などを求める訴えを近く、福岡地裁小倉支部に起こす。

 遺族代理人の弁護士や同社によると、所長は40代の女性で現在は別の部署に異動している。男性は14年4月に契約社員として働き始め、自動料金収受システム(ETC)の監視などに当たっていた。

 代理人弁護士や遺族によると、所長のパワハラは15年1月ごろから始まった。事務所にある階段の手すりの先端に、丸く切り取った男性の顔写真を張ったり、他の職員の前では差別的なあだ名で呼んだりした。勤務態度を罵倒したこともあったという。

 男性は同3月、パワハラなどに関する同社の窓口に相談。そのことを知った所長から他の職員の前で謝罪させられ、別の上司からは「正社員になるのが遅くなる」と告げられたと主張している。自殺前には、家族に「遠くに転勤するかもしれない。もう会えない」と口にしていたという。

 同10月16日から行方不明になり、19日、勤め先のICの駐車場で、車内から制服姿のまま遺体で見つかった。練炭自殺したとみられる。遺書は自宅で3枚見つかり、「パワハラにより今回の自殺に至りました。家(族)に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、もう考えはかわりません」などとつづっていた。

 代理人弁護士が今年1月、同社に対し、男性の自殺に関する社内調査の有無などを質問。双方の代理人が話し合いを続けてきたが、不調に終わった。妻(49)は「自殺の原因を明らかにすると同時に今後、同じようなことが起きないよう世間に訴えたい」と話す。

 同社は「男性が自殺したことは把握しているが、詳しいことはコメントを控えたい」としている。


ま、会社の対応もおかしいんですけどね
相談した内容を、そのまま当人に伝えたらおかしいことになるのは当然
内密に社員を救済すべきだったんじゃないですかね?

それにしても
だからといって、キチガイじみてますね
というかキチガイなんでしょう
ここまで陰湿にいじめ抜くっていうのがすごいです
周りも助けられなかったかな?
学校内でのいじめと同じか
見て見ぬふりをしなければ、今度は自分がいじめられるという恐怖が支配していたのかな?
相手は所長という身分で、下手なことをすれば左遷、減給、何をされるかわかったものじゃないというのは
本当に恐怖でしかないでしょう

じゃぁ、辞めればよかったのかと言えばなくなられた方の年齢を考えれば、次はそうそうないことが予想され、家族がいることを考えればどうにもならないと考えてしまうのは当然かと
でも自殺は自殺で、家族をよりつらい思いにさせるだけだと思いますよ。残念なことです

何にしても、この所長は、こんな裁判があっても
何とも思わないことでしょう
なんで、こんな目に遭わないといけないのかと逆ギレするのが落ちでしょうし
会社も迷惑がっているだけかな?
しかし、社員を守らない会社という印象は伝わったことと思います

こういうことがいじめとかそんな生ぬるい言葉で終わらずに
殺人罪として立件し、厳罰が下される社会になってほしいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00010002-nishinp-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック