2016年09月16日

被害者サイドの言うとおり>死刑存続すべし>そして性犯罪にも適用すべきだhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000032-mai-soci

Yahoo:「<死刑制度>存廃を議論…地下鉄サリン遺族と弁護士ら

シンポジウム「被害者遺族と死刑制度のあり方を考える」(東京弁護士会主催)が15日夜、東京・霞が関の弁護士会館であり、死刑の存続を望む地下鉄サリン事件遺族の高橋シズヱさん(69)と死刑廃止派の弁護士らが存廃について議論した。

 日本弁護士連合会が10月の人権擁護大会(福井市)で死刑制度の廃止を目指す宣言の準備を進めており、シンポジウムは大会前に議論を深めるのが狙い。

 日弁連の宣言案は、被害者遺族への支援と死刑廃止の方針をひとまとめにした内容になっている。高橋さんはこの点について「死刑廃止と一緒に考えるべきなのは被害者支援ではなく、凶悪犯罪をどう抑止するかだ」と否定的な考えを示した。

 出席した日弁連死刑廃止検討委員会事務局長の小川原優之弁護士は「死刑制度を考えるのは社会のあり方を考えること。日弁連としては全社会的な議論を通して死刑のない社会を実現したい」と提案。高橋さんは「『死刑はやむを得ない』という世論は8割あり、この市民感覚は裁判員裁判で生かされている。裁判員が死刑に反対した時が、世の中が死刑を廃止しても良い時だ」と述べた。


悪いことをしたら、その度合いにもよりますけど、自分の生命を持って償えというのが
普通の考え方
日弁連サイドの考え方が常識外れというだけのこと
まして、日弁連が常に国益に反する行為を行っていることを踏まえたら
何で死刑廃止を願っているのかわかる気がしますよ

他の国で死刑を廃止したからと言って日本までもが死刑を廃止する必要はないと考えます
ガラパゴスと言われようと、日本には日本独自の考え方などがあり、その一つに死刑を存続するという考え方があるだけのことじゃないでしょうか?
悪いやつは許さない、それだけのことです
社会に残しておいてもしょうがないでしょ?
またやるんだし


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000032-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック