2016年09月09日

増税も必要かもしれませんけど、まず家庭を重視して少子化対策が必要じゃないですか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000076-jij-pol

Yahoo:「所得税改革、安倍首相が指示=「多様な働き方」対応―政府税調

政府税制調査会(首相の諮問機関)は9日、所得税の抜本改革に向けた議論を始めた。

 専業主婦やパートタイムで働く妻がいる世帯の税負担を軽減する「配偶者控除」の見直しなどが柱。安倍晋三首相はあいさつで「女性が就業調整を意識せずに働くことができるようにするなど、多様な働き方に中立的な仕組みを作っていく必要がある」と述べ、所得税の抜本改革を検討するよう指示した。

 配偶者控除は妻の年収が103万円以下の場合に、夫の所得税の負担を軽減する制度。妻が年収103万円を超えないように労働時間を抑制するなど、女性の社会進出を妨げる一因になっているとの指摘がある。このため、政府税調は首相の指示を踏まえ、見直しを検討する。 


普通の家庭で考えてみれば、配偶者控除を見直して働ければ稼げるようにしちゃったら
少子化はさらにいっそう進むことでしょう
それが今の日本に求められることなのでしょうか?

外交面ではそれなりに成果が上がっても、内政に関してはアホなことをよくやってくれるなぁと悲しくなります。それ以上にその誤っている面を補正できる野党が全くいないことが悲しいです


今日本で喫緊の課題は
家庭を安定させ、子を増やすことじゃないですか?
働きながら子供を確保するなんて酷なことを求めるより、夫の収入で安定して妻子が食べて行かれるようにすることが最重要ではないかと考えます
あっちもこっちもやってもらおうではなく、一番大事なことに集中してもらうことが良いと思いませんか?
適材適所でしょ?男には妊娠出産はできないです。なら、それに女性が集中できる環境を整えるべきです。働く環境の方ばかり整備するのはおかしい

まず男性側に一家を養えるだけの給金を出すように国が働きかけるべきでしょう
働き手が足りないなら、失業している男性も採用に至るようにバックアップすべきです
それでも足りないなら、高齢者で働ける人にもがんばってもらいましょう

少子化が解消されるまでは全国民一丸となって奥さんお母さんをバックアップする体制を作るべきですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000076-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック